感覚をひとつずつオープンする

すべてその場でぐるぐる変化しているだけだ
決してあなたがどこかへ動くのでもなく
何かが遠くからこちらへ来るのでもない

あなたは同じ場所におり
「見る」という概念に置き換えて
変化を感じているだけなのである

例えばあなたが明日12時に
隣町へ行く予定をしている
だが、明日は来ないし
12時というものもない
離れた隣町というものもない
常に「いま」であり
あなたは動いていない

明日や12時というのは「いま」のことで
明日や12時というのは、隣町のことだ
明日も12時もない
隣町のシーンが「いま」そこにあるとき
それがあなたの錯覚している
「明日の12時」である

結局のところ
すべての思い込みを忘れたときに真実が姿を現す
何もかもが単なるヴィジョンだったことに
気がついた時あなたは笑う

聞くこと、見ること、嗅ぐこと、触れること、味わうこと
それらが一切できなくなったら
あなたは、何も感じることができなくなる
あなたが日頃毛嫌いしている上司が
そこにいても何も感じない

ひとつずつ感覚をオープンしていきなさい
まず味、舐めてみる
次に感触、触ってみる
この時点では「それ」が何かはわからない

次に匂いを嗅いでみる
なんとなく覚えのあるような匂いだ
敏感ならば記憶のデータベースから
すぐに引き出される
だがまだ完全じゃない

そして見てみる
そこで理解する
目の前には嫌いな上司が立っている
こちらを笑いながら見ている
まだ音は聞こえない
何か良いことがあって微笑んでいるのか
なぜ笑っているのだろう

聞くことをオープンにする
そこで初めて
上司はニヤニヤしながら
あなたに嫌味を並べている
あなたのネガティブサインは
赤ランプだ

ここでひとつ大切な理解がある
あなたが感覚をオープンにすることで
そのヴィジョンが徐々に姿を現していることだ

「そこにいる人」はいない
あなたは、そこにいる人を
少しずつ察知していたと思い込むが
そうじゃない
あなたが感覚をオープンにする度に
それは生み出されていったのだよ

そしてあなたのその感情だ
感情とは記憶が作用していることがわかる
記憶を一切持たぬまま上司を感じているとき
当然あなたは嫌味も知らないし
それが人間という生命体であることも知らない
ただの風景だ
風景が変化している

つまり五感と記憶
その2つがヴィジョン生成機関だ
そこにあったものじゃない
そこにあったものを見ているのではない
「見ること」とは決して「見ること」ではない
生成炉のひとつを稼働させることだ

ではあなたが次に目を開いたときに
どんなヴィジョンが創り出されているだろう?
いつだって「いま」である

あなたが通勤の時に通い慣れた道路ですら
実は「いま」初めて創り出されたものだ
昨日も歩いた、そういう記憶すら
いま生成されている

五感はフィジカルを生み出し
記憶は感情を生み出す
しかしそのどちらも
「いま」すべてを生み出している
上司の何となく覚えのある匂い、
それすらも「いま創られた記憶」を
まるで過去に思いを巡らせるような思い込みで
たったいま、創っている

だからその部屋に誰もいないとするならば
あなたの記憶の家族や友人は
「いま」創られた産物であるということだ

覚えておきなさい
常に「いま」だ
だが「いま」を察知しているのは誰か
そこを察するとき「いま」すらも消える

メルヘンチックな絵画で
ドレスの少女が森の中で
両手を広げてくるくる踊っている
木々のざわめき、小鳥のさえずり
そのすべてと少女は一体となる
生の祝福
彼女の世界なのだ
彼女のヴィジョンなのだ
彼女はその大自然に
「自分が訪れた」なんて思っていない
それそのもの
時間など存在しない
いま、もない
「ただひとつ」がある
くるくる踊っているのは少女ではなく
世界のほうだ

あなたが世界そのものに溶けたいのなら
枝を掴んで離さないその指を
パッと離してみるだけでいい

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. mmrc7 より:

    (すべてが今?!)(何もかもが単なるヴィジョン??)
    どうしたって進まない!
    何をよんでも進まない!

    • 涅槃の書-自分 より:

      mmrc7さん

      あなた的に言うなら「進まない」ということが、「進んでいる」ということになる。つまり宝探しをして「見つからないこと」そのものが宝物だったということだ。

      もっと自分を愛そうとしてみなさい。

      外ばかりを見ず、誰かの視線や、「あれが手に入れば幸せになれる」とか思わず、最初からずっと一緒にいるその自分にもっと近付く努力をするといい。あなたが自分自身を見つけ出して触れ合うとき、すべての疑問は葬られるよ。

  2. mmrc7 より:

    ありがとうございます。
    (お見通しで驚いてしまいました。)
    自分自身を見つけだしたい!ってず~っと思ってます(長い期間!)
    きっと、シンプルなんでしょうね~身体全体で歩いてみたりしてみたんですが。
    息を止めたりもしてみました。
    扉をみつけたいっ!鍵で開けたい!そんな毎日です!接客しながらでも~頭がうるさいんですが諦めず取り組み続けます!

コメント・質疑応答

  関連記事