そこにあるのは同じもの

街で不快な他人に出くわしても
相手にしないことだ

名も知らないその「変なやつ」とは
心の深層にあるものが現れているだけで
やり過ごせば自然に消える

だからその相手が去ったあとでも
心で掴み続けないこと

だけども自分が逃げてるなんて
思っちゃいけないよ
そうして心で葛藤することで
潜在意識に残り続けるからだ

心にその残滓があるかぎり
それは姿を変えて何度でも現れる

 

この話から学ぶべきことは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

思い出の管理人
円満な人間関係を実現するには
世界をあるがままに捉えるときあなたは自由になる
働くこと、幸せに生きるということ(1)
演技の世界と真の人間関係
現実という夢
願望は「どこ」に実現するのか
大きな魂
-->