嫌な予感は現実化する

「もしかしたらそうじゃないか」と不安な予感があって、それを追求してみたら「やっぱりそうだった」ということがあるだろう。恋人の浮気だったり、どこかで自分の陰口を言われていたりなんかだね。

そんな経験が繰り返されてきたことによって、心のなかで起こる「嫌な予感」に囚われてしまう。不安や焦りを感じたとき「それは絶対のものだ」という確信をもってしまうわけだ。

だからネガティブな気分のときはいくらそれが妄想だといわれてもなかなか断ち切れない。もちろんそれは堂々たる「過去の実績」があるからだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. hoshi より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

得をすれば損をするようになっている
幸福な夜
ネガティブな感情から逃れたいなら
気軽な暮らしを実現する
本質をつかめば問題は消滅する
人生の悪循環と好循環を知る
幸せに生きていくために(前編)
自分のために生きると世界は遅れてついてくる