自分の脚で立ってみると宇宙の中心に立てる

歩いているとき
「自分の脚で立っている」と唱えなさい

脚を思い出すだろう

思い出したとき視界が変容する
自分を軸とした世界が
見えるようになる

さらに自分の重さを思い出す
自分の重さを知るとき
地面の重さも感じるようになる

大地に張り付く感覚
大地が自らへ張り付く感覚

あなたは全体でありながら
それを体験する「個」であることを
思い出す

そのとき生が踊りだすだろう

だから脚を思い出しなさい
日頃あなたは自分の脚で立っていない
だから脚を思い出しなさい

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

永遠の存在
「私」を消す法
無限の子どもたち
他人の悪意

2015.07.04    Notes, 世界辞典

人生を活性化させ続ける工夫
それが消えるとき永遠となる
これからの時代を生きていく準備(1)
いまというタイミングがあなたを実現させている