全体の部分

人間は名を与えられる
あなたにも名前がある
だがこの伝統こそが”原罪”となる

「名」によって
宇宙から切り離されるからだ

常に自他の比較を生みだし
「なにか足りない」という感覚に
付きまとわれているようになる

野生の虫たちは名を持たない
全体としてのあり方をする
つまり彼らは全体として
全体のために活動している

だが意外なことに
それは自分自身を失うことではなく
むしろ自分自身を完全に生きるからこそ
成されるんだ

ゆえにあなたが
自分の目でものを見るとき
「全体」と共ににあるだろう

そうして全体という”個”を知るとき
そこは絶対的な平安と
至福に満ちていることを知る

名前を”超える”ことだ

 

 

 

 

 


Notes , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. no name より:

    本当の名前がない、これ。いつもついてくる、これ。
    自転車を漕ぐと、目の前の画面だけがゆっくり横に流れて、風もそれには当たらず、においもそれには感じない。
    昔からあって、つけられた名前の私ではない、これ。
    自分の手足を見たり、鏡を見ても、名前がついてる方の自分があります。
    誰だろう?と思うときもあります。
    なにかが、おかしいと感じています。

    • -自分- 涅槃 より:

      no nameさん

      よろしい
      あなたは観照のエリアを掴んでいる

      その場で右を向こうとも左を向こうとも
      「これ」は向きを変えず

      そこから離れた場所へ行こうとも
      「これ」は一歩も動いていない

      あなたの見えている現実は
      「これ」が浮かべている夢なのだよ

      手の感触も、味も、前に進むことも
      何もかもが「体験」という名の夢

      眠っているときの夢と同様に
      どこにも動いていないし
      何もそこで起きていない

      眠りも日常も
      「これ」はいつも目を開いている
      そして何世も超えてきた
      過ぎていくのは「これ」ではなく夢の方だ
      ゆえにあなたは消滅しない

      「これ」は同じ場所にずっと在る

  2. no name より:

    自分さん、ありがとうございます。
    『これ』が浮かべている夢、、もっと深くみつめてみます。『これ』自身も。
    他の手記も拝見します。ありがとうございます。

    • -自分- 涅槃 より:

      no nameさん

      どんどん探求を続けなさい
      それはあなたの内側への旅だ

      理解が起こる度に
      それまでの解釈が覆されるだろう
      ゆえに何度も戻り
      確かめることになる

      リラックスして楽しみなさい

コメント・質疑応答

  関連記事