信じるか疑うか

なにかを信じるということ
なにかを疑うということ

人は常にその両極に揺れ動いている

恋人や友人に対して
また自分の未来や
いましていることが
正しいのか間違えているのか

神や霊界の存在
宗教やスピリチュアルもそうだ

その意味でいえば科学もそうであるし
スポーツをやるひとなら自分の力や
使っている道具を信じるか疑うかで
パフォーマンスも変わってくる

球技でも登山でもなんでもそう
もちろん仕事もそうであるし
物を買うときや料理ひとつでもそうだ

信じることで勢いに乗るわけだが
それは言い換えれば
もうそれに乗り続けるしかないのであって
それこそが物事がうまくいく基本原理にある

 

1.

しかし己がその勢いにないとき
「信じる」ことは大変なことに感じられる

信じるという船に乗るためには
停止しているこちらの岸から
あちらへ飛び移らなければならない

だがその船は突然沈むかもしれない
岸にいるときは
そのような不安に囚われてしまう

「信じる」とはまるで
賭け事のようにリスキーであり
確証のない波に乗り続けるような
そんなイメージを誰もが持っている

ゆえにまた
「信じる」は未知を開くもの
「疑う」は現状を維持するもの
という認識でもある

それは慣れ親しんだ部屋から
外の暗闇に飛び出すようなものだ

だから「信じる」は難しく
「疑う」は容易であると捉えている

信じるためには
疑いを落とさなければならない
それが労力を伴うわけだ

つまり信じたことが
「もし間違っていたらどうしようか」
という不安(疑い)があるわけだね

 

2.

ところが信じることも疑うことも
どちらもそれを信じているのであって
実は同じであることに
気づかなければならない

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. shiy より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. shiy より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. shiy より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. shiy より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  5. shiy より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事