何かに価値を与えることは他のすべてを失うということ

とある夫人が客を自宅に招いたとき
50万円ほどしたという
ダイニングテーブルを
自慢気に語っていた
価値という幻想を生み出している

そのテーブルに一匹の蟻が這っていた
50万の価値がわかるはずもなく
いつもと同じように
木を登っている感覚なのだろう

価値がわからないということ

それはすべてが
等価値であることを示している

蟻にとってすべてが財宝なのだ
土、水、空気、匂い、出会う虫たち、
彼はいつも至福の世界にいる

意味を見いださないわけだから
大きな虫や動物に狙われることすら
至福となる
「危機」は人間の感覚によるものだ

ゆえにすべてが至福であるとき
恐怖は存在しない
四苦八苦する思考など
何の力も持たないのだ

夫人は50万円のテーブルを磨く
傷がつかないように慎重に扱う
誰かがコーヒーをこぼすんじゃないか?
常に注意を払っている

彼女にとってそのテーブルだけが宝なのだ
さらに高価なテーブルに会うまではね

何かに価値を与えることほど
愚かしいことはない

あなたを包むすべてが最高なのだよ
あなたがいるから
それらがあるのだから

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. 秋桜 より:

    全ての人も等しい価値なら
    一人の人だけを特別に愛することは
    一人の人だけに特別な価値をつけたことになり
    他を失っているのですね。
    一人の人だけを愛することは幻想であり、
    幻想からさめたら、
    至福になれるのですね。

    ああ、
    この場合の愛は所有ですね。
    コメント書いててわかりました。
    ありがとうございました。

    • -自分- 涅槃 より:

      秋桜さん
      その通りだ
      多くの人々の愛とは真の愛にあらず、
      所有を意味する

      愛を求めて人々は奔走しているが
      真なる愛とは
      自分が失われることなのだ

      そこに誰かがいれば
      その誰かとの愛が起こる

      そこに街があれば
      街に愛が起こる

      つまり愛とは探して求めるものではなく
      己自身が愛となることなのだよ

  2. 愉快 より:

    きょう、歩いていたら以前喉から手が出るほどほしいと思っていた植物が道端に雑草みたいに繁殖しているのを見かけました。

    その少し離れたお宅では、同じ葉っぱをオシャレな鉢に植えて飾っていました。別のお宅では陶器の中に植えられて違った趣でそれぞれ美しい姿を見せてくれるのでした。

    その苗を欲しがっていた時「わたしはコレクターになりたいのか?違うだろ。なんでわたしの家にその鉢がなければだめなのか。そこかしこにあるじゃないか」と突然思って買い物カートに入っていた苗を買いませんでした。

    それから数年のあいだに何度もその葉っぱを見るのです。ありふれているわけでもないけど希少なわけでもない、買おうと思えばいつでも買える、近所の人にひと声かければ株分けしてもらえるかもしれないその植物が。いつでもどこにでもあるのです。

    見るたびに、あっちでもこっちでも生きてるんだなあ。見たいときに見られるんだった。嬉しいな。という気分になっていました。

    きょうはその気分がほかの人の所有物にも当てはまった感じがして楽しく道を歩きました。見ているわたしが楽しいんだからオッケー。

    ポジションなんとかのわたしがポジションなんたらの誰かと関わって笑ったりしている。持ち物もお金も意味もなくここにあって誰のものでもなければわたしのものでもない。ただ素敵な光景が広がっている。いつもの道がそうだ。

    知人がシウマイをお土産に持ってきてくれました。
    一緒に映画を見ました。

    きょうやったことってなんだっけ。

    用事がいっぱいあったはずなのに、やった気がしない。寝て起きたら夢で道を歩いていたというのを思い出しているような感じがします。

    布団が暖かい。

    ここどこなんでしょうね。おもしろいなあ。

    • -自分- 涅槃 より:

      愉快さん

      そう、普段当たり前だと思っている「ここ」に疑いを持つとき、あなたはその疑問を超えることができるようになる。

      なぜなら「ここ」とはあなたの中だからだ。あなたが外を歩いているとき、それは己の心の中を歩いている。あなたが周囲を見渡すとき、それは心の中を見渡しているのだ。

      さて、そこにはなにがある?

      美しいものや、醜いもの、楽しいことや悲しいこと、様々なものがあるだろう。あなたはこう言うかもしれない。「私がこんなに醜いものを持ってるはずがない」とね。

      だからいいかい。あなたは確かにあなただが、だがそのあなたはあなたではないのだよ。大きな心が「あなた」を通じて己の中を観ているのだ。だからあなたは守られている。守られているから、許すことができる。

      あなたが人を許すと、その人は解放される。
      あなたが出来事を受け入れると、あなたは解放される。
      すべて繋がっているということだ。

      最初は「自分」と「その他」でいい。だがその境界線がどんどん曖昧になってきたら、そのままにしておきなさい。線を引き直す必要はない。

コメント・質疑応答

  関連記事