A子の手記

「ああそうそう‥」と懐かしい思い出を
会社の同僚に話してみたけど
素っ気ない返答をされた

結構大切な思い出話だったんだけどな

今日はメイクがいい感じだから
少し遠回りしながら歩いたけど
ほらね、誰も見向きもしない

心は期待だらけで
その反応が薄いと疲れ果てる
よけいに求めてさらに疲れ果てる
でも期待に応えてもらえることが満足?
それが虚しいことだってのは
わかってる

でもなんでやってしまうのだろう
ほんのちょっとでも
嬉しい気分を味わいたいから?

街を歩けば人目が気になる
求めてるのに怖い
求めるから怖いのか
なんだかんだで期待だらけ

嬉しい気分になりたい
ちょっとぐらい
楽しませてくれてもいいじゃない
そんな様子でいつも求めている

ネットの情報に感化されて
始めようとした趣味だってそうだ
束の間の喜びだった
仲間がいれば続くかもしれないとか
思ったりもしたけど
この感じじゃそうでもないのだろう

実際、これが苦しみなのだろう
スピリチュアルなんかでいわれる
「苦」ってやつだ
だけども求めてしまう
そこに解決がないのは
理屈ではわかってるけど
じゃあ他になにをしろというの?

人生の何を楽しめっていうの?

 

2

少し前までは仕事を探すことで
大変だった
貯金もわずかだったし
面接で使う写真代も痛手だった

お金がないから仕事をするのに
なんでお金を払わなければならないのか
この世は矛盾してる

「当社を選んだ動機はなんですか?」

あんたのところが
お金がもらえ易そうだったからです
そんなの決まってんじゃん

仕事ってお金をもらうためでしょう?
なんか間違えてるのかな

早く私を助けてくださいな
このままだと生きていけない
社会に殺される

仕事が見つかれば
もうなにも苦しみはないと思ってた

だいたいちゃんと勤め先があるのに
サービス残業がどうだとか
そんなことで悩むのは
贅沢の極みだと思っていた
お金もらえて支払いができるなら
それでいいじゃん
他になにがあるっていうのか?

だけどもいまは
自分の自由がないことに
息がつまりそう

自分はこんな会社のために
生まれてきたんじゃない

一瞬で過ぎていく休日
気疲れする上司や同僚

早く家に帰りたいけど
帰ってなにするの?

 

3

瞑想をひとつ覚えた
「見ていく自分」ってやつだ

思えばずっと「見られてる自分」
というのが当たり前だった

子供の頃からそれを前提に生きていた

「ひとの気持ちになって考えなさい」
そんなことを教えられてから
客観的な自分像がいつもあるようになった

コンビニで買い物をしていても
自分が外からどう見えているかが大事

変に思われるんじゃないかとか
ほら私って素敵でしょう?とか

何かをはじめるにしても
これは誰かに自慢できるぞとか
メイクをするときや
写真を撮るときだって
ひとにいいねと言われるかどうか
そんなことが頭にある

そう考えてみれば
確かに「自分のため」だけに
なにかをやったことなんてない

自分のため=誰かに見てもらうため
いつもそんな図式だった
そのイコールをやめるってことね

でも自分ためだけにやって
なんの得があるのだろう
自己満足ってやつ?

なんだか虚しいことに思えるけど
人生の苦しさから離れるには
そうするしかないらしい

見られるという前提を捨てて
自分から見ていく
まあ言ってみれば
なにをやるにしても自分に向けて
自己発信するというものだ

コツはわりとすぐつかめた
簡単じゃん
お釈迦さんなんて大したことない
現代人をなめんな

でもなんだろう
ぜんぜん楽しくない

私がすることのすべては
みんなにいいね、すごいねと
言ってもらいたいからなのに
それをやめるなんて
何のために生きてるのかわからない

あれですか

質素でほそぼそと
生きてるか死んでるかわからない
老人のようになれってことですか

 

4

あいかわらずの毎日
会社では気を使い
帰り道では癒してくれるものが
どこかにないかといつも探してる

お金はひとときの娯楽に消える
洋服、雑誌、コスメ、お菓子

すべては精神状態を保つためだ

やりたくないことをやって
笑いたくもないときに笑って

自分に嘘ばかりつき続けてることへの
ほんのお詫び

テレビをつけたら
私と同じような人たちなのだろう
さよならと言わんばかりに
この世を早々と去っていく

死んだらどうなるのだろう?
死ぬのと布団で眠るのって
何が違うのだろう

この悪夢が終わるなら
それもいいかもしれない
死んだら目が覚めるのかな

だいたいこの世ってなに?
熟睡してるときは夢も見ずに幸せで
現実が悪夢だというなら
こっちが夢ってことじゃん

夢?
夢ってなに?

ここは本当はどこなのよ?

わけがわかりません
でもやっぱり死ぬのはこわい
私が世界からいなくなるなんて
とても考えられない

 

5

そうそう最近気付いたことがある

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. lekker より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. ran より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. tiktak3926 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. 色即みっちゃん より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 色即みっちゃん より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  5. ainohikari より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  6. ハイライト より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  7. shigen より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  8. tamatama3 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  9. 涅槃の書-自分 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事