自分目線でいきる

どんなときも自分目線で生きなさい
あなたは同じ場所に留まろうとする

あなたが自らを守り続ける限り
何も変わらない
また同じような希望と絶望が続く
その場所から手を伸ばしている
それが後生続く

なぜ同じ場所にいるのか
それは自分目線で生きていないからだ

変化を拒むのは
あなたが周囲の目で
己を見ているからに他ならない
嫌われるのが怖いのだよ

自分を守ろうとする
それをやめなさい
守ることをやめたとき
何もあなたに危害を与えていなかったこと
それがわかるようになる

どこまで進んでも
自分が見た風景であり
どこまで進んでも
他人から見た自分はいない

自分目線で生きる人は
思考の自分が溶けて消える
余計なものを落としている

誰かのためじゃなく
誰かを気にしてでもなく
あなたが喜び
あなたが幸せになるのだよ

それを何のためにやっているのか
よく見直してごらん
あなただけのためでなければ
間違えている

あなたがこのワンネスに至るとき
常に動きが起こるようになる
循環そのものがあなたとなるからだ
新しい世界を作り続けるだろう

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. より:

    自分の喜び、自分の幸せというのが分かりません。生きることは罪を重ねること、地獄を彷徨うことに思います。

  2. 自分 -涅槃- より:

    >>苦さん
    >生きることは罪を重ねること、地獄を彷徨うことに思います。

    あなたがそうならばそうなのだ
    私はそこに立ち入ることはできない

    あなたが何を求めて罪を重ねるのかは
    理解できないが
    そこに何らかの納得があるのならば
    それは罪ではないのだろう

    あなたが地獄をさまようことが生きること
    それが私のいうところの
    不幸そのものになる、ということならば
    あなたは見えている

    だが単なるネガティブであるならば
    それはあなたの作り出した幻想に過ぎない

    ただしひとつだけ
    あなたが自分のためだけに生きていないのならば
    それが苦だ

    あなたがあなたの為だけに生きたとき
    あなたは消える
    そうして初めて無我を理解するだろう

    そこはぜひとも到達しなさい
    それほど難しいことじゃない
    それを避ける方が難しいほどだよ

    • より:

      自分 -涅槃- さん、レスありがとうございます。

      何を求めているのでしょうね、私は。生きていたくもないのに死ぬことが出来ない故に苦悩の人生を続けています。

      不幸そのものになる、そういう状態への移行に憧れはあります。

      自分のために生きるとは、腹が減ったから食べて、どうせ食べるなら美味しい物を食べようとか、そういうことですか?美味い物食べたところで大して嬉しくも無いんですが、お腹空けば食べてしまいますね。

      昔、人間は世の中を良くする為に生きなければならないと思っていて、えらく苦痛でした。自分の為に生きようと思っても、どうすることがそういうことなのか分かりません。自分のためというなら死ぬことが一番自分の為ですね、だって余りに苦しいですからね、生きてると。

      でもどうせ死ねないことはわかっています。

    • 自分 -涅槃- より:

      >>苦さん

      >どうせ食べるなら美味しい物を食べようとか、そういうことですか?
      そうではないよ

      あなたがそこにいるということ
      それを思い出すことだよ

      あなたの話は常に「価値」をかざしている
      つまり物を見るときの尺度から
      一歩も離れていない

      そうではなく

      良いも悪いもあり
      美味いもまずいもあり
      生きるも死ぬもある

      その二元性の世界をあるがままに感じることだ
      それがあなたという存在により完結される

  3. 色即みっちゃん より:

    心に穴が空いた…。

    悲しい穴だ…。

    手頃なものを押し込み穴を埋める…。

    また穴が空く…。

    慌てて穴をふさぐ…。

    また穴が空く!笑

    勝手にしやがれ!笑

    もうパンク修理はやめた…。

    穴が空いたままで構わない…。

    • -自分- 涅槃 より:

      色即みっちゃんさん

      そうだね、いつも穴があく。つまり諸行無常だ。例えばこの記事にコメントをくれた「苦」という人はいまどこにいるのだろう?

      私がこのように書けば、また現れるかもしれない。だがそれは私の世界の話だ。

      波は寄せては引いていく。だが波自身はそれを知らない。それはいつも同じ場所にいる。

      私たちが”互いの世界を創り合っている”ことに気が付く時、この宇宙は解放されるのだろう。

コメント・質疑応答

  関連記事