無職になってのんびり暮らす

刺激的なタイトルだが
これは現実という幻想を超越し
誰もが本来の自由な生に
回帰できることを込めている

さて週どのくらい働いているかな

あなたが充実した毎日を過ごすために
ひとつ大事なことがある

それは次の「休み」を待ち焦がれて
楽しみにしてはならないということだ

オンとオフを作らず
一定を保つようにすること

休日だからといって昼まで眠ったり
ダラダラ過ごすような悪習は
一切やめることだ

「じゃあ休みの日も平日みたいに
ガチガチに生きろというのか?」

そうじゃない
その逆だよ

すべてを休日のように生きなさい

 

2.あなたはどこにいる

仮に週2回の休みがあり
その2日間だけ自由を感じるならば
実質的な「自分の人生」は7分の2しかない

ましてその2日を「オフ」と称して
昨日までの5日(過去)や
明日からの5日(未来)のための休息にするならば
あなたはどこにも実在していないことになる

それは亡者そのもの
もはや呪詛を吐き散らすだけのゴーストだ

「私は休日は”いつもと違って”
お出かけしているから大丈夫」

そんなあなたも週末に漂う浮遊霊だ
そのメイクの裏側は
世の中へ疑惑と不安に満ちている

だから要点を逃してはならない
その「いつもと違う」を
やめるということだ

 

3.暴走する機関車

そもそもあなたの定義する
オンとオフの違いは何かね
それは「常にオン」なのではないのかな

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. mhayata より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事