人生の選択

あなたは自分のことを
どれだけ知ってるだろうか

どんな性格で・・

ということではなく
無意識に自分の本性が出る瞬間を
知っているかということだ

演じる余裕のない
突然のアクシデントに
「自分が豹変する瞬間」を
ちゃんと目撃できているかな

 

2.

あなたはその変えようのない
自分の性格のせいで
いまの現実があると考えている

「もっと違う性格」ならば
「もっと違う現実」があったはずだとね

まあそれは確かにそうだ
違う性格ならば
違う現実がそこに広がっている

だが目を向けるべきは
その性格とやらではない

ここで実験してみよう

優しい自分
破壊的な自分

それぞれを選んでみなさい

たとえば
楽しそうに騒いでる若者たちの姿に
「生きてるって素晴らしいなあ」と
一緒に微笑ましい気持ちになる

またはそんな若者たちの姿に
「人生を知らないガキどもめ」と
叩き壊したい衝動に駆られてみる

どちらも選ぶことができるはずだ
その自由の権利をあなたは持っている

つまり性格というのは
「選ぶもの」なのだよ

もっといえば
それは性格を選んでいるのではない

世界を選んでいるのだ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. tamatama3 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

現実世界のチャンネルを替える
無限の力を手に入れる(後編)
対人恐怖症を克服して自由なる生と不滅の魂を悟る
フィクションの世界(3)
史上最大の迷宮「人生」を脱出する
あなたは死なない
自分自身に愛を贈る
幸せが織られていく