1円玉があなたを幸せへ導いてくれる

1円玉を大切にする人がいる

邪魔だからというわけではなく
ちゃんと「1円玉そのもの」に存在を感じて
瓶に貯金したりね

ところがその姿をみた人々は
「いつになったらいくら貯まるのか」
「いつまでかかるの?」
という計算ばかりがよぎる

実際あなたはどうだろう?

その額面の利用価値が
まず前提に浮かぶのではないかな

つまり1円玉を大事に貯金をしている人を
あまり利口な姿に感じないわけだ

多くの人々にとって1円玉というのは
端数を埋めるためのものであり
「間に合わせ」のもの

それ自体は何の役にも立たない
「あってもなくてもいい存在」だと感じている

キャッシュレス化が進む現代においては
邪魔な重量物以外の何ものでもないだろう

 

1.

さて、この1円という小さなものに
「意識的に」どのように関わっているかが
この世の見え方を大きく変えるポイントとなる

というよりも幸せになれるかの分かれ道は
「1円玉にある」といってもいいだろう

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. Minnie より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事