働くこと、幸せに生きるということ(2)

前回からの続きとなる。

では次に、自然界の自給自足のサイクル(豊かさの循環)は、どのようにして人間世界に映るのかに話を進めていこう。

1.

たとえばあなたが原始時代の狩猟民族だったとする。毎日みんなで狩りに出ているわけだ。そうでなければ食べていけない。ところが狩で使う槍や弓といった道具がすぐに壊れてしまう。

そうなるとみんなは一旦戻って、各々の道具を修理したり新たに作り直さなきゃならない。そんな日々のなかであなたはふと、誰よりも速くそして頑丈に製作できることに気づいたとしよう。

そうなると誰もが自分でそれをやるよりも、壊れたときはあなたに預けて自分はずっと狩に出ているほうが効率的となる。もちろん良い道具を作ってくれたお礼に、狩りで得た肉を与えてもらえるようになる。

つまりあなたは狩りに出ずとも多くの肉を手に入れられるのだ。確かに表面的にはみんなのために道具を作っているというふうには見えるけども、あなたは自分のできることを自分のためにやっているにすぎない。これが自然的な人間社会の構図、すなわち「交換する生物」の原理なのである。

2.

よく「人に認められる」という言い回しがされるけども、それは誰よりも優れたマスターに送られるものではなく、自分のできることを正しく表現していることへの賞賛であるのだ。なぜならそれこそが人々にとっての価値であるからだ。

あなたがいるからみんながうまくやれる。みんながいるからあなたがうまくやれる。この人間本性の「交換し合うという性質」を頭に入れておくことだ。それがすべての基盤であり、自然界の秩序が人間を通じて表現したものなのである。

もちろん「もっと肉がほしい」だとか「この先に子供がたくさん生まれる予定だから、いまのうちに蓄えておかなければならない」だとか、そういう考えにはまると現代の資本主義社会の泥沼と同じ状態になる。資本主義は欲望がベースになっているから、その「表層上の地獄」はいつでも再現可能な危険性を孕んでいる。

3.

つまり外に対してであれ内に向けられたものであれ、欲望が人間を盲目にするわけだ。ここを押さえることができれば、あなたは「解放の扉」の取っ手にとりあえずは触れることができる。

だが実際どうだろう。生存するために労働し、労働するために生存するという日々に埋没し、それらを「一切問題としない瞬間」が「ない」から、あなたはその気晴らしに娯楽への浪費や過剰な飲食、または異性に溺れたりといったことで発散するわけだ。で、そのためにさらに労働しなきゃならない。支払いは増える一方であり、ますます逃げ場はなくなっていく。

なかなかうまい具合にできているだろう。これが資本主義というものだ。しかも経営者だけが労働に拘束されない仕組みにありながら、雇っている労働者が外部の欲望にはまって収入が必要になるほど、儲かる仕組みとなっている。

また欲望を提供するのも経営者だ。それが会社の商品であるのだから。無論、経営者自体が欲望にうつつを抜かせば会社は傾き始める。

確かに魅力的な商品やサービスで世界は溢れかえっている。世界は巨大な歓楽街といってもいい。もう地図上の物理的なスペースだけではおさまらず、インターネットとして開かれた仮想空間にまで、欲望のネオンライトがあなたの脂ぎった顔を照りつけている。

明日の労働に嫌気がさしながら、今夜もベッドで意識を失うその瞬間までスマホ画面から欲望があなたを掴み続けているのだ。

4.

だからまずは欲望の正体を見極めることだ。高額な商品をローンで買うにしろ、細かなものにしろ、その表面にはそのようなメッキが貼られているだけであり、中身はすべてあなたを自然的な状態を見えなくさせるための幻覚剤でしかない。

誰もが幻想を見続けているけども、まさか自分がトリップしているとは思いもしないのだ。だからどうにかして欲望の糸を断ち切って悪循環から抜け出る必要がある。

いつも言っていることだが「自律する」ことだ。自分の立てた規範に従っていくということだ。それはすべての欲望の中身が同じであることを見抜くことができる。酒も性的な快楽も物欲も、なにもかも同じものであり、それらの欲望をひとつ叶えるために多大なエネルギーを消耗するのだ。

つまりひとつの欲望が満たされると何かが欠乏する。その欠乏を埋めるために何かを欲望する。この連鎖の糸を切らなければならない。

5.

そしてここが本題だ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. ituki より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. Minnie より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. ituki より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事