水が水に消えゆくように

誰もが自分のことを
他の誰かに知ってもらおうとする

家庭でも近所付き合いでも
どこでもみんなそうだ

会話を例にとってみれば
“自分の話が相手に伝わるはずだ”という
前提があるからこそ
話しかけるわけだからね

それはつまり自己を承認したい欲求
誰もが持っているということだ

もちろんそれがごく自然な人間の姿であり
だけども自分でそれを満たしきれないから
他人に承認を求めてしまう

特に現代人は「自分を認めたい」ために
生きているといっても過言ではない

“そのため”に
消費社会があるようなものだからね

たとえ誰と関わらなくても
自分を認めていたい

自分が満たされた存在であると感じたい

だから欲しいものがあったり
食べたいものを選ぶ
家族や友人に自分を主張する

そうして「自分の物語」を大事にする
それは決して悪いことじゃない

ところが年老いた人や
病などで先が長くないと悟る人は
他人の話を自ら進んで聞こうとする

自分のことは何も語らなくなり
ただ人々の話に耳を傾けているようになる

家族や知人たちが話すその言葉のなかに
自分やそして自分たちが
本当は何者であるのかをみるからだ

 

1

あなたが老年になって
自由に体が動かせなくなったとき
ベッドの脇で
みんなが話を聞かせてくれるだろう

浮いた話もあるけども
それは上辺にすぎないとわかる
明るい話の裏側には
隠そうとしている影があるからだ

人間である限り
基本的に誰の人生にも影がある

何かの依存症だったり
失業していたり
お金に困っていたり
家庭は崩壊寸前だったり

そこまでいかなくても
いつもなんらかの失望が
繰り返されるなかでみんな生きている

だからこそ誰もが自分をわかってほしい

こんなに辛い思いをして
生きているのだとわかってほしい

あの日はこんなに楽しかったのだと
誰かに知ってほしい

そうして受け取ってもらえるだけで
自分の苦しみは浮かばれたと感じる

そしてまさに”それゆえ”に
人々はお互いに罵り合っている

テレビでもネットでも
井戸端会議でもそうだね

「あいつは何もわかっていない」
「あの人が憎い、許せない」

だがそれでも人生は列車のように
止まることなく進んでいく
みんなそれにしがみついて
振り落とされてないようにしている

だからある意味で
人々は”お互い”が罵り合うことで
お互い不幸なんだという
奇妙な連帯意識があるともいえる

誰かが誰かを罵っていることや
誰かが不幸であることに
人は蜜の味を感じたりするわけだ

 

2

どうして私たちは
こんなことになったのだろう?

最初は明るい未来を持って
みんな出発したはずなのにね

どこかでネジが外れてしまった

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. タタータ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • タタータ より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

あなたの色に染めなければ世界はいつもピュアに輝く
他人から解放されるということ
ジャングルへようこそ
見えない拘束から抜け出す(後編)
ありのままの法則
太陽に照らされた世界
みんなそれぞれ生きているからこそ世界は感謝で溢れている
自分や他者を愛するということ