神の笛になる

「成功」でも「金儲け」でも
なんでもいいのだよ
言葉の意味に囚われない限りそれらはピュアだ

つまり成功することや金儲けすることで
その人生が円滑に回り出すのであれば
その通りになればよい

だがどうやって成功するかとか
どうやって金儲けするかとか
どうやったらそうなれるのか、
そちらに目が向いてはだめだ

逆だよ
「やる」んじゃなく、何を「やめる」のか、だ
何が自分をせき止めているのか
そこに目を向けなさい

すでに成功者でもあるし金持ちでもあるのに
あなたは自らをせき止めているから
その豊かさを感じられていない

あなたが何かをするのではない
無為、何もしない
要は「心が求めない」こと

あなたという人間を通じて
スムーズに出来事が起こるようにしていたらいい
世界の息吹があなたを通過する、
そういうポジションがある
そこに意識を置いておきなさい

あなたが心から何かを求めて動くとき
世界の息吹は通らない

古い伝道者は言ったが
「神の笛になりなさい」だ

あなたを通じて
出来事が起こるようにしていなさい

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. 情けない男 より:

    こんにちは

    今の「不幸のドン底に堕ちてやろう。」という気持ちです。

    私は心から何かを求めて動かないことにより何かを求めてしまっている気がします。

    結局「そうか。幸せになる為には何も得ようとしなければいいんだな!」と捉えてしまいます。

    この矛盾はどう解消すれば良いでしょうか?
    諦めることを願望実現の為に行っている気がします。

    不快な出来事や感情に負けなくなる、というより気にしなくなれば快適に生きれる気がします。

    セラピー等に詳しい知人が、物事が上手く行かないのは感情の抑圧が原因だとそれを解消する技を教えてくれました。

    でも不思議とそういうことはやりたくありません。

    涅槃の書を読んでからはセラピーなど根本的な解決にならない、むしろエゴを強化してしまうと思うからです。

    毎度すみません。

    • 自分 -涅槃- より:

      >>情けない男さん
      あなたにとって不幸とはどういう様子のことかね?
      その不幸に自ら入っていくとき
      あなたは自由を開眼するだろう

      以前の手記でも書いたが
      不幸という服をまとうのだ
      不幸という色に自らしっかりと染まるのだよ

      そして心からどっぷりと宣言しなさい
      「私は不幸そのものである」とね

      人は「自分は完全に失敗をしている」という事実に
      気が付くとき
      無抵抗の白旗を揚げる
      完全なる降伏だ

      地獄の底、
      その堅い床に降り立ったとき
      あなたは気が付くのだよ

      自分の足で歩いている、とね

      もう空中で藻掻く必要はない
      地に足が着いたのだから自由になる

    • 情けない男 より:

      レスありがとうございます。

      私の不幸な様子とは自分の思う様な現実を創れないことです。

      昨日も期待する出来事は何も起きませんでした。その時「不幸のドン底に堕ちてやろう。」と思いました。

      その時に少し解放された気がしました。

      もっと不幸になろうと思います。中途半端だから不幸なのです。

      願望を諦めた時に出来事が動いた経験は何度かしています。
      正に「このままで良い。」という心境の時に状況が動きました。

      今回は諦めても何も状況が動かず足踏みしてます。

      毎度、ありがとうございます。

    • 自分 -涅槃- より:

      >>情けない男さん
      そう、解放だよ
      解放とは文字の通り「解き放つ」と書く
      そこには一切の「思い」がない
      思考もなければ感情すらもない

      完全に忘れ去った状態
      完全に手放した状態
      それがそこにないということ

      諦めたら、もう「諦める」のだよ
      諦めるという手段を使うのではなく

      部屋にある使わないものを捨てるように
      それはもうそこにはない、ということだ

    • 情けない男 より:

      ありがとうございます。

      お陰さまで今とてもスッキリしています。拝

コメント・質疑応答

  関連記事

現実を組み替えるためのヒント
正義という影
いまここで世界を変える
生きていることに理由はない
言葉を捨てて幻想を消し去る
摂理に生ずる存在性
真理とはなにか
なぜ自分は生まれてきたのかに気付く