温かい安らぎのなかで

いま周囲を見渡してごらん
いろいろなものがある

部屋にいるなら
たくさんのものがある
壁紙や本、家電製品、ごみ箱

隙間なくあふれている

外を歩いているなら
建物や道路、電柱がある
見上げれば広がる空がある

電車なら揺れるつり革や乗客
ガラス越しに流れる風景
いつもの音や空気の感じ

このようにいつもどこでも
「光景」があなたを包み込んでいるだろう

それが神だ

個別の何かにみえてるだけで
実際は総体だけがある

だからいまそこにある全てのものと
友達になることだ
つまり神と友達になること

ならばこの世とはなんなのかを
悟ることができる

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. tamatama3 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事