砂場のそとに出る

この世界は虚構である。つまり実体のない嘘の世界だ。もちろん「そうだ」と思い込むこともできる。だが単なる思い込みだけの見解には「ある一句」が足りていない。

ゆえに単なる現実からの逃避となりかねない。なぜならそれがなければ、あなた自身が「真実」にならないからだ。

その「ある一句」はなにか。

「すべてが虚構である」ということは、あなたが体験されるすべてが「真実である」ということだ。だがこの「真実」とは、虚構と見破る前の「現実という真実」とはまったく異なるものだ。

1.

街を歩けばたくさんの看板が見える。飲食店や銀行、様々な店が見える。財布にはいくらかのお金がある。犬の散歩をする人、立ち並ぶ家、ティッシュの箱やゴミ箱、だがそれらはなにかね?

それらがそこにあることに惑わされてはならない。人工的なものはすべて概念だ。どこかの誰かが自己流に作り上げた概念を、あなたはごく当たり前の日常の光景、つまり逆らうことのできない確固たる世界だと思って見ている。

3万年前、私たちの祖先であるホモサピエンスがネアンデルタール人を完全に制覇したとき、彼らは他の人種にはないある力を持っていた。それは「結束力」だった。互いに意思を連携させ、チームプレーのように相手を襲い込んでいく。それは紛争だけでなく、自分たちよりも巨大な獣を仕留めるときも有効だった。

よってホモサピエンスが世界全土に活動の域を広めるに比例して、生態系はそれまでの流れを維持できなくなった。そうして地球上に人間帝国が君臨するのだけども、それは同時にある代償を背負うことになる。

2.

さてその「結束力」だが、よく考えてみてほしい。あなたもご存知のように人間はわがままだ。まずは自分や自分の家族を守らなくてはならない。どんなときもその確保が行為の前提にある。

だから他者と協力してひとつのことをやり遂げるなど、最初は良きとしても、集団はだんだん個我としての分裂をはじめる。だがそうなると、人間がライオンやサメなどの猛獣を支配し、自然界の頂点に立つ偉業は達せられなかったはずだ。

じゃあどうやって結束力を維持し続けることができたのだろう?

3.

それは「想像上の現実」を作り出すことだった。人間はこのリアルな地表の上に、シミュレーションの世界を築き上げたのだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. ハイライト より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. やおろず より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • やおろず より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. Capy より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. ainohikari より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

人生を望み通りの映画にかえる
夢の叶った世界で暮らすには
幸せは止まらない
それはカブトムシ?いいえ、銀河です。
時間は水のようなもの
そこに見えてる世界があなたに教えてくれる
目の前の家族はそこにはいない
時間という幻想を見破る