遭難

意識が朦朧としていると
向こうから光がみえてきた

救助隊だ

もう何も考えなくていい
毛布に包んでもらい
隊員たちの手で運んでもらえる

あなたは何をする必要もなく
全体に運んでもらえる

彼らは医療に関する専門用語を
近くで話し合っている
見たことのない無線機器を使って
本部と通信をしている

あなたのためだけ
それらは行われている

それらについて勉強しなければ
助けてもらえないわけではないし
わかったふりをする必要もない

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. ハイライト より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事