「 ワンネス 」 に関する一覧を表示中

感謝は自分にするものである

あなたが誰かに感謝をするとき「ありがとう」「うれしいです」「よかったです」などを言う これをよく考えてみなさい「ありがとう」は有難いだしその他のどれもが「自分の …

世界は受け止めてくれるからいますぐダイブしなさい

あなたは師からすべてを受け取っている何かを見たり聞いたりそれらもすべて「受け取ること」だ思考すらも自ら思考しているということを受け取っている だからあるがままな …

すべてはただそこに起こるだけ

禅問答には師と弟子が登場する師は弟子に難題を与える それが禅のスタイルだ覚えておきなさい師とは世界のことで弟子とは自我のことだ あなたの毎日、日々が「師」だ 起 …

それはカブトムシ?いいえ、銀河です。

この世界にある「すべて」がそもそも何なのか、説明をすることはできない 人間が区別のために名称を付け区別されたそれを観察した結果「このようである」と定義したデータ …

浮気をしたのは誰?そしてそれを知ったのは誰?

あなたが浮気をしたとする それをあなたの夫なり妻なりが 知ったとしよう さて 誰が浮気をして 誰が知ったのだろうか? 浮気者はあなたではないし 知ったのは夫でも …

あなたの関わるすべては「あなた」なのである

あなたの生きている世界はすべて「ひとつ」の中で起こっているだから「あなた」が「犬」を見ているとき実はそこにあなたも犬もいない 「見たこと」を描かれているのだその …

名称を捨て去ることでひとつの何かが浮かび上がってくる

あなたの手には5本の指がある親指と小指のカタチは違うがあなたの指だ頭と足のカタチは違うがあなたの肉体である ここで注意したいのはなぜ各部に名前を付けているのかだ …

すべてを疑えば何も実在していなかったことに気が付く

あなたの目の前で話す人は100年前には存在していなかったし100年後にも存在していない 食べ物も動植物も建物も大地も尺度を変えればいくらでも「それら」は風のよう …

名前というカルマを超えて全体性に包まれる

生を受けると名を与えられる この伝統がカルマのようなものだ「名」が自らを世界から分離させ幻想の苦しみに満ちた人生となる 自分の名を覚えたとき「私の〜」「私は〜」 …

言葉を捨てて幻想を消し去る

誰が言葉を作り出したのか人類史上、最も罪に塗れた発明であるこれほどまでに人々を苦しめるものは他にはない あなたが苦しいのは「言葉」があるからだ思考は言葉でありす …