「 ワンネス 」 に関する一覧を表示中

存在はなんのため?

一羽の鶏が生まれた卵から飛び出た彼は太陽を浴び空気に包まれ羽を揺さぶる風を感じたあなたが先日の料理の食材のひとつだ 彼は殺されるそして食べられる生に憎しむ世界を …

仏像と石ころ

石でできた仏像がある地蔵でもいいよく目にするだろうそしてその辺に転がっている石ころさて、何が違うのだろう あなたは地蔵に手を合わすだけども石ころには手を合わさな …

愛される法

誰かに愛されたいのなら自分を愛しなさい あなたとは「あなたを含めたその世界すべて」だだからあなたが自らを愛するとき世界があなたを愛するようになるとても単純な図式 …

強い人

空を見れば 鳥が飛んでいる そして去っていく 仏壇に飾る花、仏花とは 「この世のすべては過ぎていく」 そういうことを現している 芽が出て花が咲き、そして枯れる …

すべてはあなたではないから、すべてがあなたなのだ

よく「思考はあなたではない」と言われるこれはどういうことか 例えば遠くの方で鳥が飛んでいる鳥は空を舞いそのままどこかへ去っていく つまり視界には確かにいたがいま …

「いま」という1コマに表示されている全てがあなた

絶対的な前提とは日々の出来事の中で四苦八苦しているのがあなたではなくあなたを含めた出来事そのものがあなたであるということだ つまりあなたはキャラクターじゃなくワ …

光の洪水2 -我々の本当の姿

前回からの続き いつも記しているように出来事と体験がワンセットで起こるつまりその関係性、発信と受信が「交信」するように出来事も体験も実はなく関係性だけが在る 関 …

光の洪水 -我々の本当の姿

ここしばらく続けているテーマからひとつの核心を記そうか あなたが出来事を体験する出来事はなんでもいい目の前を美女が通る愛らしい犬を触るコップを持つ それら出来事 …

漠然とした何かがいつも背景にある

一日の終わりに今日は色々あったな、と思いに耽るのは悪いことじゃない だが「色々あった記憶」が「いま」創られたことに気付いておかなければならない 地球が誕生して4 …

幻想のポイントを超える

あなたは「真実」や「悟り」について沢山の知識を得ただろうだがあなたの思う「境地」というものには今一歩入り込めないだろう いつも記している通りあなたのその生きてい …