メリークリスマス

梅田のカフェの一番奥の席でこれを書いている。大勢の行き交う人々がみえる。あっという間に1年が過ぎていくけども、私たちは本当は年齢などとっていない。ただ記憶の経過があるだけだ。

賑わう会話。コーヒーカップの音、笑い声、デパートのアナウンス、腕時計のベルト。私は神をみている。

周囲の音に包まれてみる。透明とひとつになる。視界が明るくなる。透明がすべてを包んでいる。

光景はコマ送りになっていく。1枚1枚の思い出のなかに世界が描かれていることを知る。人間はいつも逆からものをみてる。私がコーヒーを注文しなくなったら、世の中のコーヒーの売り上げがひとつ下がるように、全部つながっている。

流れるゴスペルミュージック、子どもたちの笑顔。待ち合わせの恋人、働く人々。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. タタータ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. izanami より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. hamada514 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. ダテキヨ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  5. aiko より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  6. 涅槃の書-自分 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事