言葉を捨て去るとき

我々はよくしゃべる
言葉で区切られた伝え方を
基本としている

だが本来のあなたである「それ」は
話すことも触ることも聞くこともない
ただ見ているだけだ

観念とは言葉である
思考とは言葉である
言葉を捨て去ると
ただ見るだけしかなくなる

寒い日あなたは寒いと感じる
そうして身を震わせる
だが「寒い」も「感じる」も言葉だ

わざわざ言葉を理解してから
身を震わせていることを知りなさい

「それ」の次元では「寒い」すらも
見ているに過ぎない

あなたが「寒い」を見ることができたとき
まったく寒くなくなるだろう

肉体は寒くて震えるだろうが
「あなた」は寒くない
それをただ眺めているだけ
そういう境地に立っている

五感と呼ばれるものが
肉体との同一化により
定義されているものだと気付けば
あなたは肉体を超越できる

指先の感触
感触は言葉だ
意味を後付けている

感触を”観る”のだよ
それは観るものだ
ただ観るしかできないものだ

観られるものがあるから観るのであり
つまり「観ていること」こそが
“それ”なのである

 

 


Notes , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

自信を回復させる方法
3の法則(中編)
過去の自分と決別すると人生が自由な空間に変わる
シンプルな心を習慣にすると不幸にならない
他人は嘘をつかない
自分を遊ばせる
山の向こうではなく地図を持つその手を信じる
恋をするのに理由はいらない