最後の者

仏壇やお墓に手を合わせる機会があるなら
彼らの生前を偲び
そしてそのたびに
「この世にはもういない」
ということを再認識するといい

この世にはもういないという不思議
その不思議さに関心を寄せることだ
大事なことだよ

死は悲しいものだとか
尊ぶ以外の気持ちは愚弄だとか
そういう固定観念を外さなければならない

その観念が死を自分とは
無関係なものにしてしまうからだ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. kanade より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事