苦悩を生まない原理

苦悩はどうして作られるのか
それはあなたが
そこに栄養を与えるからにある

その意味では植物と同じだね

肥料や水をあたえて
せっせと育てて大きくなるのが
苦悩となる

つまりあなたという魂が
自らのエネルギーを切り分けて
命を与えているんだ

聖書では「光あれ」の言葉とともに
すべてがはじまる

ひとつの統合されていた「カオス」が
言葉によって闇と切り離され
最初の区別(=存在)が生まれた

そしてそこから
いろんなものに分かれていった

この「天地創造」というのは
あなたの現実空間そのものを意味している

だから聖書というのは
天地創造から黙示録にかけて

私たち個々の宇宙空間の生成から
やがてその自らの力そのもの
「魂自身」が気づくまでの物語を
描いていることになる

ゆえにあなたが意識を向けたもの
すなわち命を与えられたものが
己の現実のなかに創造されるわけで

たとえば陰口を言われてるんじゃないかと
あちこちに疑心暗鬼になっていると
「本当に」その尻尾をつかむことになる

ここでもしあなたが疑わなければ
どうなっていただろう?

「自分だけ知らずに影で嘲笑われていたはず」と
考えてしまうのは
それはすでに「命」を与えているからだ

そうではなく
あなたが「本当に知らない」というとき
そこはただ
「無(あらゆる可能性のフィールド)」だけがあり
まだ何も現れていないんだ

だからこれを逆転的に捉えてみれば
もし何かを生み出してしまったとしても
つまり「知ってしまった」としても

あなたが気にしない限りは
自然に無へと消え去っていくことになる

他人の陰口だけでなく
体の疾患や社会情勢でもなんでもそうだね

なぜならこの宇宙を創造した神とは
あなたのことであるからだ

 

「気にしない」の極意

ただし「気にしない」ということを
よく理解しておく必要がある

たとえば体に何かの疾患があって

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. imorder より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • imorder より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

-->