名称を捨て去ることでひとつの何かが浮かび上がってくる

あなたの手には5本の指がある
親指と小指のカタチは違うが
あなたの指だ
頭と足のカタチは違うが
あなたの肉体である

ここで注意したいのは
なぜ各部に名前を付けているのかだ

名前がなければそれらを
分割して捉えることはできない
親指を見ようとも足を見ようとも
私の親指、私の足、とは言わずに
すべて「私」となる

名は言語上の分別だけではなく
全体から分離したカタチを
生み出していることがわかる

街の風景に目を向けてみる

街路樹、道路、車、歩行者、空、太陽
名を消し去ったときそこに何があるかね?
ついでに見ている私も落としてみよう

すべてはそのままにあるが
名がないからそれらが何なのかと
探る糸口がない
探ろうとすることすら浮かばない
これがあるがままに見るということだ

すべての名が消えて
浮かび上がってくるのはその背景
つまりそれがワンネスだ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , ,

コメント・質疑応答

  関連記事