漏れ出す光

さて今日も世間に打ちのめされてきたね

優しくない人が多いし
こないだ優しいと思っていた人は
今日はなんだか嫌な感じだった

自分はこれだけ頑張ってるのに
誰も褒めてれない

せめて気の利いた一声だけでも
かけてくれたら
元気になれるのに

まあそんな感じで
今日も人の優しさを求めていたわけだ

だが残念なのだけども
この世に優しさを求めることはできない
それはあなたの思っているような
ものではないのだ

以前は私も同じ勘違いをしていた
ずっと優しさを探していた
見つからないから世間に対して
たくさんの悪態をついてきたものだ

だがいまでさえ
そんなものはどこにもない

つまり「ないもの」を
見つけようとしていたから
苦しんでいたのである

おかげで病気になり
たくさんの「いま」を失い
暗雲に覆われた世界をさまよい続けていた

優しさや幸せや愛や神といったものが
いつか私の目の前に現れて
世界を明るく照らしてくれると信じていた

だからずっと探していたのだ
その到来を待ちわびていた

この世の実態がなんであるのかは
生物の世界を見渡せばわかる

動物に優しい一面があるというのは
人間の勝手な見方(観念)にすぎない

餌を分け合ったりするのは種の繁栄のためだ
彼らは単体では存続できないことを知っている
複数でひとつの存在なのだ

だから互いにフォローし合っているだけで
優しさという感情があるわけではない

群れの中で怪我をした者は
容赦無く置き去りにされる
それは実子であろうと関係がない

当時私が社会に感じていた冷たさは
子を置き去りにして
後ろを振り返らずに進んでいく
まさにそんな群れの様子だった

優しさを見つけようとするほど
厳しさしか見えてこない

だがそれは探そうとするから
その反動があっただけなのである

 

1.

優しさという言葉を
辞書で引いてみればこのようにある

「他人に対して思いやりがあること」

それはひとつの動作や状態を示している
つまり確保されるものではなく
その時々の「選択肢」なのである

だから世間に優しさを「探す」というのは
言ってみれば
他人にその動作を誘発させようという
「魂胆」のもとに為されるものというわけだ

動作はその「きっかけ」がなければ
起こすことができないからだ

ではあの頃の私は何をしようとしていたのか

ダイヤモンドは磨いてはじめて
その輝きを知ることができる
「最初から輝いている」わけではない

つまり悲劇の人物を装って
お涙を頂戴しようと
そんなことをしていたのだ

もちろんあからさまにそんなことを
考えて演じているわけではない

「本当に」辛かったし
「本当に」悲しかった
それはまぎれもない事実だった

だが同時に
その「本当にそうである」ということを
認めている自分がいる

つまり表層の感情とは別の知覚が
心の中でその「演技」に常に気づいているのだ

だからすっきりしない
人間は泣いても笑っても
ぎこちなさを拭うことができない

当時の私も薄々それをわかっていたはずだ

だが演じなければ
優しさを受け取ることができない
他者からそれを引き出すことができない

これ以上私にどうしろというのか
必死にやってきたはずなのに
世間からも神からも
見放されたという気持ちになっていた

だからせめてひと時でもいい
正気を保つには
世界の温もりが必要だったのだ

 

2.

人はそんな私に
やれやれと言わんばかりの対応をする

私の”一生懸命な姿”に
「お涙」を流してくれる

先のとおり人前でそのような
パフォーマンスをするという話ではない
普通に笑顔で接しているマナーのなかで
心が奥底から叫んでいるのだ

助けてくれと
わかってくれと

その叫びが表に出ることもあれば
うまく「普通のやりとり」に潜り込む場合もある

仕事の契約ならばそこに
「ちょっとした希望」を添えてみたりだとか
家族と過ごしているならば
機嫌が悪い素ぶりをしてみたりだとか

自分のなかの抑えきれない絶叫が
隙をついて表に出てこようとする

そんな自我の叫びを相手が察して
「どうしたのですか?」
「こうしてほしいですか?」
そういう言葉を待っているのだ

にも関わらず
何を受け取っても
偽善にしか感じられない

相手の対応は私に引き起こされた行為であり
彼らの真の姿ではないことは明白だからだ
ダイヤの輝きのごとく
「最初から泣いている」わけではないからである

つまりそれは純粋な「お涙」ではなく
「あなたは仕方なくそうしただけだろう」
そう心がジャッジを下している

だから人が信じられない
まるで「己という見世物」に向けて
チップが放り投げられただけに感じられる

もちろんそんな施しを
求めているわけではないし
本当はそんなことがしたいわけじゃない

だが手を伸ばさないと温もりが得られない

だから当時の私は
誰に対しても胡散臭さを感じていた
だけどもそれは己の強い要求が
その人をそのように動かしていたからなのだ

つまり決して誰も悪くはない

それどころか温もりを得られるならまだしも
逆に毅然とした態度で返されると
それが大きな反動となって
余計に傷を負ってしまう

だからやればやるほど
自分が惨めになっていく
どちらにしても
私の心は「救われない」のである

この完全な利己主義の解釈
自分の揺れ動く心のせいで
関わる人々がどんどん「悪人」になっていく

どんな「優しさ」を差し出されても
それを優しさにみることができず
私は孤独の世界に放り出されたままとなる

このように私は
自分の手で発光させるのではなく
「自ら輝いているダイヤモンド」を欲していた
その秘宝を探し求めていた

自我が「芝居」を打たずしても
美しく輝いている最高の光

その「太陽」が私の暗雲世界に
光を与えてくれるはずだったからだ

だがどうやっても手に入らず
いつまで経っても
太陽が到来する気配はなかった

日々の苦しみだけが祈りとして捧げられ
ただ待ち続けていたが
いつも限界寸前でふらふらだった

 

3.

さてこれは幻想の蟻地獄に
はまり込んでいる典型だといえる
私を例にあげているが
人間の多くがこの様子にある
心の深層に気づいているかどうかだけだ

人間関係の矛盾から「不信感」だけが
引き出されている状態であり
つまり自我という狭い領野における
「完璧な正解」の檻に閉じ込められているのだ

そのスパイラルから抜け出るには
自己解釈の構造そのものを
崩さなければならない

キーとなるブロックに鍵を差し込んで
砦ごと崩壊させなければならない

まず理解すべきなのは
「優しさを求めてはならない」ということだ
それは偶然的に生ずるものであるからだ

ベンヤミンが言ったが
本物の芸術には
初めて触れたそのその一回だけに
起こる「アウラ」がある

そこにはその作品に対する崇拝があり
つまり人は「その作品のなか」に入っていく

一度きりの何かを放つもの

たとえば音楽の生演奏や
陶芸などの造形物
古代の建造物もそうだ

偶然みた美しい朝焼け
風にゆらぐ花々の動き

心動かされた一文
誰かと共感し合ったあの一瞬

だがコピーされて増殖された作品や
また一度目の興奮を味わいたくて
再び求めたそこには
確かに見た目は同じだけどもアウラがない

そうした作品は娯楽としてのものであり
人は「自分のなか」に作品を沈潜させる

たとえば古代の建造物の多くは
普通に眺めるだけじゃ全貌がわからない

とても精巧な石造りのオブジェが
神殿の屋根の上にあるけども
ほんの一部分しか観ることができない
また天井が高すぎて
美しいステンドグラスの造形が一望できない

観光客は口を揃えていう
「見ることができないのに何のために造ったのか」

それは鑑賞を目的として造られておらず
「崇拝」が目的にあったからだ

対して現代の芸術作品のすべては
「すべてが見えること」が前提にある
その意図の上で制作される
それは「鑑賞」が目的にあるからである

この「崇拝」と「鑑賞」の違いは大きい

アウラについては誤解された見解も多いが
(複製物にも感動はある、など)
だがそういうことではなく
いまここ」のことなのだ

これは古来から宗教などで
言い古されてきたものだから
別に真新しいものでもないが
アウラの概念で大事なのは
どのような物事にも「純粋な瞬間」が
必ず含まれているという理解にある

「いま」という一回性にのみ観念を超えた
純粋な体験があるということ
自己観念の扉が開いて
その向こう側に到達できるということだ

つまり2度目は必ずパターン化する
感動を残しているとしても
そこには必ず自己の解釈が伴っている
1回目に感じられた
「己を超え出る領域」に触れることができない

「優しさ」というのはそれと同じ
「愛」も同じくそうだ

だから求めることはできないし
作り出そうとしても
どこかぎこちないものとなる

だがふとした瞬間に起きたりする
それは確かだ

それが「アウラ」だ

 

4.

つまり優しさを求めようとするから
人々との関係がおかしくなるのである

そのおかげでどんどん悪人が増えていく

最終的には私がそうだったように
「自分vs全人類」という顛末になる

本屋で立ち読みをしていても
隣に立つ客に威嚇されているように感じる
レジの店員が自分だけに不親切だと感じる

そこであなたが態度を露わにすれば
その関係性が現実のものとなる

あなたはどこにも過失がないはずだ
「相手が先に仕向けてきた」のだからね

だが世間はあなたの陳述を却下する
だから物事が起こるたびに
理不尽を重ねていくようになる

すると空に黒い雲が覆い始めていく
やがて雨ばかり降っているような
退廃的な暗黒世界となる
いよいよそこから抜け出せなくなってしまう

ダークネスシティは孤独と憎悪で溢れている
この世のすべてが許せない
そのうえ誰もが偽善者にみえる

誰かが善意で迎え入れてくれても
まったく信用できない
「どうせ自己満足でしょう?」のひと言で
相手の善意は撃ち落とされる

にも関わらずあなたは
冷えきったビルの一室で
いつも身を屈めて震えている

絶望的な現実を忘れるために
ひとときの快楽だけを求めて生きている

浪費、暴食、セックス
アルコール、精神安定剤、

恍惚になってヘラヘラ笑っているときはいい
だが確実に精神も肉体も
どんどん蝕まれていることに
なんだかんだで気づいている

この絶望感は強烈なものだ
がんじがらめというやつだ

欲望を満たすことが
唯一の救いの灯火となるのだけども
その欲望を得るために働いて
お金が右から左へ流れていく
その褒美として一瞬の快楽を与えてもらう

自分の役目はなんだろう
自分は何のために生きているのだろう

金も時間も取り上げられて
使い物にならなくなったら
ポイ捨てされる未来への不安

そもそも孤独を紛らわせたくて
自分ひとりの快楽に耽っていたのに
気がついたら
孤独になる自由さえも奪われている

欲望に浸からなければいいなんて
そう簡単なものじゃない
暗黒街での住民登録は
やすやすと転出させてもらえない

まずその快楽を求めない世界の魅力が
まったく見えてこないからだ

つまり生きる意味や価値が
見えなくなるということだ
あなたがいまの暮らしから
ささやかな「楽しみ」さえもなくなったら
どんな気分になるだろうか

酒浸りの者に酒をやめろというとき
必ず「私に死ねと言ってるのか」と返してくる
絶望しかないのだ
それに手を伸ばしても伸ばさなくともね

つまり「鎖で繋がれている」ということだ
それが転出が難しい最大の理由となる
そこに気づかない限り
欲望のループからは逃れられない

たとえばその欲望の品が
「一般的なもの」だろうと
「不健全なもの」だろうと
すべては一大ビジネスだ

必ず黒幕がいる

つまり彼らは儲けるために
顧客(ジャンキー)を徹底的に囲い込む

テレビや雑誌やインターネット
流れてくる音楽
家族がどこかで見聞きしてきた話題
ショッピングローンにリボ払い

あらゆるところにタネが仕込んである

何かをきっかけにさせて
欲情するような仕掛けを
たくみに張り巡らせている

どれだけ節制しようと誓っていても
毎回同じタイミングで衝動がわき起こる

これは偶然ではない
ジャンキーに偶然はない

売人とは出先の街角で
「必ずばったり」と会うようになってる

「やあ久しぶりだね」
「実はいいものが入ったんだ」

つまり完全に仕組まれたなかで
泳がされているのだよ
それがダークネスシティだ

生気を吸い取るだけ吸われて
やがて悲惨な末路が待っている

 

5.

どうしてこうなったのか
その発端はどこにある?

それは「みんなが優しくないから」だ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. tam02 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. shiy より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. buruku10 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事