すべてが書かれている白紙の本

スピリチュアルで語られる「創造」だけども
それはプラモデルを作るように
みんなに手渡された図面通り
組み立てるようなものではないわけで

また「無から有を生み出す」という表現も
誤解しやすいポイントにある

たとえば
「財布に大金が舞い込みますように」とか
「素敵な恋人と出会いますように」といった
間違いをしてしまうことになる

じゃあ創造とはなんだろう?

それは「無と有」の関係ではなく
「混沌と秩序」の関係で捉えなければならない

 

すべてが書かれている”白紙”の本

一冊の本が目の前にあるとイメージしてみよう

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

-->