仏像と石ころ

石でできた仏像がある
地蔵でもいい
よく目にするだろう
そしてその辺に転がっている石ころ
さて、何が違うのだろう

あなたは地蔵に手を合わす
だけども石ころには手を合わさない
なぜだい?
どちらもただの石だ

あなたが地蔵に
「これは崇高なもの」と
意味を与えているだけのこと

あちらはよくて
こちらはよくない
そう意味を与える
だけどもどちらも同じものだ

地蔵のようなフォルムにカットすれば
崇高になるのかね
鉄の塊も地蔵カットにすれば
たちまち崇高な鉄のできあがりだ

地蔵を踏みつけることと
石を踏みつけることに違いはない
どうせならば
石ころにも手を合わせてみたらどうだ?
その方がより真理に近づける

では本題に入ろうか

釈迦やイエス、老子など
歴史上多くの覚者と呼ばれる人物がいた
だが彼らもあなたが「覚者」と
意味付けしているに過ぎない

ただの人だ

あなたが精神世界に興味がなければ
ただのつまらない人々に映る
ギターも弾かないし
ファッションセンスの欠片もない

あなたが「これは素晴らしい人だ」と
意味付けすることで
「あなたの釈迦という人」は光を放つ

だが繰り返すけども
ただの人だ

そして「人」も人という意味付けをしている
だから人ではない 石もそう
それらは、ただの「何か」である

あなたが苦から脱したい
つまり幻想世界を幻想と見極めたいのなら
最初の道標として
釈迦やイエスを生み出せばよいだろう
(生み出しているのだよ、そこがポイントだ)

しかしすべては「あなたの中」の絵空事
そういうことがわかり始めたとき
釈迦を釈迦とできなくなる
なぜならば
あなたが作ったものだからだ
あなたが意味を与えた先生、
それが釈迦だったことを知る

たとえば
あなたが一冊の物語を執筆しているとする

主人公はあなた
で、その本の中のあなたが
何かを学びに学校へ通うシーンだ
そこには知識の豊富な先生がいる
あなたは彼に教わる
彼の知識は豊富で
作者のあなたも彼の講義をバンバン綴る

ところで
一体なにを学んでいるのだい?

何も崇拝する必要などないし
非常に馬鹿げていることなのだよ

釈迦は生前自らの像を作らせなかった
そりゃそうだ
そんなもの、幻想の中の幻想でしかない

すべてはあなたの息吹だ
あなたの意味付けにより認識が生まれる
地蔵と石ころのようにね
それがあなたの世界となる
あなたの世界はあなたが作っている
そこに登場する釈迦やイエスに教えを受ける

だけども彼らはいう

「私を超えなさい
そうすれば私などいなかったことがわかる
そのとき、私の元へ辿り着くだろう」

いない者に辿り着く
この意味とは、
つまりすべてあなただったということだ

学校で何を学ぶのか
学ぶことなんて、最初からないのだよ
すでに全部ここにあるのだから

別に地蔵を踏みつけようが
石ころに手を合わせようが
なんだっていいのだ

初々しいカップル
2人は愛し合っている
幸せな笑顔で草原を走り回り
彼らを眺める人々も幸せそうだ
踏みつけられた草には誰も気付かない
カップル達にはその認識はない

だが踏みつけられた草を
世界に生み出したら
つまり認識をしたら
彼らは草原を走るのをやめるだろう
じゃあどこで走るのだ?
次は何を踏みつけるのだろうか

このレベルで捉えても何も進まない
動物が可哀想だからベジタリアンになるとか
じゃあ草木はよいのか、とか
二元性の善悪なんてその程度のことなのだよ
マインドの行き着く先は
必ずパラドックスとなる

地蔵も石も同じ
ただの「何か」にあなたが意味を与えている
植物を育てるも踏みつけるも同じ
ただの「何か」にあなたが意味を与えている
動物を愛するも殺すも同じ
ただの「何か」にあなたが意味を与えている

幸福も不幸も同じ
アタリもハズレも同じ
悟りもエゴすらも同じだ

「ただの何か」があるだけだ
物質でもなく
事象でもなく
漠然とした「何か」が、ただある
それが”空”と呼ばれる
広義では涅槃ともいう
だがそれらも意味付けだ
そんなものはない
「ない」が、ある

これが最も見落とすところ
「ない」があるのだ
ない、とはゼロではない
「ないという事実」があるのだ
だから「何もないからすべてがある」

黒い画用紙に
絵の具で風景をスケッチする
道や木々、空や雲を紙いっぱいに描く
ある人が絵で敷き詰められた画用紙を見て
「この黒いところはなに?」
「これは穴ですよ、ほら、あそこの道の端に空いてる穴
空洞でなにもないから、描いていない」

なにもない、それがあるのだ
あなたとは、この一枚の画用紙だ
端から端までビッシリと埋め尽くされている
「ない」ところもちゃんと「ある」
こういうことが全体性だ
一枚の描かれた紙として見立てたとき
二元性は力を失う

それでもあなたが「幸福」という
意味付けが好きならば全部幸福とすればいい

空気がある!
太陽がある!
猫が轢かれて死んでいる!
お金がない!
すれ違い様に笑われた!
誰かに騙された!

 

そもそも「出来事」とは何だろう
「現実」はあなたの中の絵空事だ
出来事とは「何か」に対して
意味付けした「見え方」のことをいう

意味付けする前の「何か」は
あなたを導いている
導いているのは、あなただ
あなたがあなたを導いている

あなたのそのハートが
「何か」の源泉だ

ハートを信頼しなさい
世界はそのようになっていく

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. ワモノ より:

    こんばんは
    涅槃の書に辿りついて初めて読んだ手記からコメントさせて頂きます

    今年もあと3時間を切りましたね
    私にとって今年一番の奇跡はこの涅槃の書に巡り会えたことです
    今年は大変お世話になりました
    ありがとうございました

    皆さん良いお年を

    • -自分- 涅槃 より:

      ワモノさん

      こちらこそありがとう。最初に触れたものがあなた自身を現している。良い記事がスタートだったようだね、これは神の世界を意味するものだよ。すべてはあなたの中にある。

      だからいつもハッピーでありなさい。世界はその通りとなる。よい1年を。

  2. munetoshi より:

    教えて下さい。
    では、全て幸福と捉えればいいですか?
    例えば、家畜や魚などは、何の目的で存在しているのでしょう?私達に食べられる為ですか?よく、スピ系で悪い事をすれば返ってくると聞いた事があります。
    私は生き物(家畜や魚)を殺して食べるという行為に少し罪悪感を最近覚えてしまっています。何の罪もなく殺され私達に食べられる。これは悪い事なんでしょうか?それに、もし悪い事なら私達は罰を受けるべきなのでは?
    そんな事を考えてしまいます。
    他にも、私は他人にムカついた時、思わず殴ってやりたいと思う事があります。他にも愚痴も言いたいし、文句も言いたいです。でも、そういった行為(喧嘩、文句、悪口)は、自分の中では悪い事だと思ってしまうので中々口に出せませんどうすればいいでしょうか?
    自分を解放して、殴りたい時は殴る。
    愚痴を言いたい時は言う。
    文句を言いたい時は言う。
    それは、やっていいんですかね?
    もしくは、全ての行動を「悪」と捉えるのではなく「善」と捉えれば、何でもやっていいのでしょうか?
    教えて下さい。

    • 涅槃の書-自分 より:

      munetoshiさん

      まずあなたがそのように質問をしている時点で外の物事に囚われている。だからその問題のなかで何を解決しようとしたところで、あなたは問題から抜け出ることはできない。

      たとえばある人が自分の部屋の写真を見せたとしよう。一見したところ、ごく普通の部屋だ。あなたはそう思う。つまり完全な状態としてそれは映し出されている。

      だがその人はいう。「足りないんですよ、あれもあれも。」

      聞いてみると、そこにあるはずの大きなぬいぐるみや、窓際の置物がないという。

      苦悩というのは、そこに完全性を「求める」ときのみ起こる。つまり空白を自ら作り出し、その穴を埋めようとすることが苦悩だ。そしてその穴埋め作業に可能性をみる。ゆえに方法を見つけようとする。

      あなたがその人の写真をはじめてみたときのように、それは完璧だった。そのままで完璧だったのだ。だが足りない足りないとわめくその人には、その写真が穴だらけに見えている。

      同様にあなたの暮らしはそれと同じで穴だらけなのだろう。それを埋めようとこうして疑問している。だが埋まることはない。なぜなら最初からそれはどこにも空白のない写真、完璧にすべてはフラットであるからだ。

      いつも話していることだが、その困惑の世界から外へでなければならないよ。世界のなかにいる限り、いくらでも謎だらけとなる。

      あなたの質問に対して、いわゆる自己啓発や道徳的な現実世界としての返答はいくらでもできる。そんなものは私に聞くよりも探せばもっと専門的な本や情報がでてくる。だがそうしてありもしない穴を埋めたところで、また見えない穴を作り出すのがオチだ。

      あなたがこのコメントから学ぶのは、その疑問はどうやったら解決されるのかではなく、なぜその疑問がそこにあるのかという離れた視点を持つということだ。

      異性にしろお金にしろ、人間関係にしろ、問題と正面から向き合うというのは、問題のなかで溺れることじゃない。ギャラリーで絵画を眺めるように、離れた位置からあなたの心の中で観賞することにある。

      私のこの言葉はあなたの理解によりその意味が変わる。それは承知のうえで書いている。だから私が何を伝えようとも、あなたが固執を捨ててその問題を超えること(いまよりも理解を高めること=高い視点に立つこと)が重要なのだよ。

コメント・質疑応答

  関連記事