天使であること

思いがけない優しさに触れたとき
突然の喜びに遭遇したとき
私たちは涙を流すことがある

「嬉し涙」とも言うけども
実際心の様子を眺めてみれば
それは単に幸運に満足したというだけの
涙ではないことがわかる

むしろ喜びの真反対にある
「不安」によって流れている涙なのだ

優しくされたことや
大きな幸運が来たのに
どうして不安なの?

そう疑問に思うだろうけども

そうした素晴らしい出来事によって
私たち人間の世界が
やはり苦しみと辛さのなかにあるのだと
心の奥深くで確信してしまうからにある

だがいいかい

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

神の右側に腰かけるとき己の右側に神が腰かけている
どうして毎日が繰り返されるのか
あなたは死なない
笑顔が現実を変える
嫌な予感は現実化する
働くこと、幸せに生きるということ(1)
呼吸瞑想と現実世界
仕事も生活も恋もすべては大きな流れの現れである
-->