あなたがいない

ごく当たり前の風景があるだろう
見慣れた部屋、家具、家族
つまりあなたの日常だ

だがね、その「ごく当たり前」とはなんだい?
そうして糸を辿ると
ふと気付くときがある

なんでこの人は
いつも私の世界にいるのだろう?
なんでこの椅子はここにあるのだろう?

記憶を辿ればストーリーがある
椅子はいついつに買ったものだ
もしくは貰ったものだ
だがそうじゃない

その記憶を超えたところ
たったいま、あなたの目の前に椅子がある
それが真実なのだよ

どのようにしてそれがあるかなんて
真偽を確かめることなどできない
真偽すらないのだ

事実は、ただ目の前に椅子がある
事実は、なぜか同じ人がいつもそばにいる

ごく当たり前の風景、
それはあなたにとって退屈なものだろう
何の刺激もない
だから外に出掛けたくなる
いつも同じことの繰り返し
いつも同じ人との同じ会話
いつも同じ光景
そこに刺激が見つからない

いいかい
あなたがいわゆる「不幸」に陥ったとき
いつもこう思う
「あの何でもなかった日に戻りたい」
それはなぜか

そしてもうひとつ
あなたが不幸に陥って
それが日常化する
そしてさらなる「不幸」になる
するとあなたはこう思う
「あのとき不幸と思ってたけど
いまと比べたら幸せだったな」

さあどれだけヒントを書いていこうか

あなたはいつも幸福にいる
何もなく
退屈で
ただその日常があるだけ
それこそが幸福なのだ
だが幸福には見えない
当たり前だ

あなたが寒いとき
暖かいものを知っているから
寒いとわかる

あなたが幸福をわかるとき
それは不幸を得たときだ

つまり不幸を知らなければ
それが幸福だとすら認識ができない
つまり「ごく当たり前の日常」とは
不幸も幸福もない
ただ「それ」が在るのだよ

いつも退屈だとか
何か求めたりだとか
それは「いま」を知るための手がかりを
あなたの奥底で得ようとしているからだ

だけどもあなたのマインドは
外側に求める行為と同一化する
宝島を探しに向かう海賊

あなたがあなたであること
それはマインドからすれば
非常に退屈でつまらない日常のことなのだよ

マインドに従えば刺激を得るだろう
だがそれは
あなたが別のものに同化するということ
だから思考の罠にはまる
そして苦しみがやってくる

あなたが退屈すぎるぐらい
ごく平凡で当たり前な日常を渡り歩くとき
そこは苦しみも不幸もない
苦しみも不幸もないから
刺激もない
刺激がないからそれが幸福だとも思えない

つまり「あなた」がいない
マインドがいない

そこに留まりなさい

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

世界を創り出していく魔法を備える
強さ
山の向こうではなく地図を持つその手を信じる
自分を好きになる
オセロの一手ですべての色が変わる(3)
砂浜の足跡
自分が化け物であることを知る
サンクチュアリ