幸福はみえないもの

ごく当たり前の風景があるだろう
見慣れた部屋、家具、家族
つまりあなたの日常だ

だがね、その「ごく当たり前」とはなんだい?
そうして糸を辿ると
ふと気付くときがある

なんでこの人は
いつも私の世界にいるのだろう?
なんでこの椅子はここにあるのだろう?

記憶を辿ればたしかにストーリーはある
椅子はあのとき買ったものだとか
もしくは貰ったものだとね

だがそうじゃない

いま目の前に椅子がある
ただそれだけが真実なのだよ

どのようにしてそれがあるかなんて
真偽を確かめることなどできない
真偽すらないのだ

事実はただ目の前に椅子があることだけ
なぜか同じ人がいつもそばにいるだけ

そんなごく当たり前の風景
なんでもない日常

あなたにとって退屈なものだろう

何の刺激もないから外に出掛けたくなるが
それもいつも同じ繰り返し

いつも同じ人との同じ会話
いつも同じ光景
退屈を取り払ってくれるような
刺激は見つからない

1

ところがある日「不幸」に陥ったとき
いつもこう思うはずだ

「あの何でもなかった日に戻りたい」とね

でももっと不幸な日々がやってきたら
こないだまで不幸だと思っていた日々が
まったく幸福だったんだと気づく

つまりあなたはいつも幸福にいるのだよ

たしかに何もなく退屈で
ただその日常があるだけ
だけども「それこそが幸福」なのだ

だが幸福は幸福として
捉えることができない

捉えようとするならば
不幸の草を噛みしめなければ
ここが幸福なのだと認識できないからだ

 

 

 


Notes , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

生きるも夢、死ぬも夢
愛を知るときすべてが叶い始める
ネイティブアメリカンの教え
死の世界に入る
すべてが幻想
小さな悪魔が頭のまわりを廻る
スピリチュアルから教わること
人間関係を豊かで円滑にする法