私たちは何度も生まれ変わる

たとえば「自分が死ぬ」ということを深く考えてみれば、誰もが思考では到達しえない神秘なるものを感じ取ることになる。それは「自分が死んだこと」の事後的な確認ができないという矛盾を抜けられないからだ。

もちろん死への不安や恐怖はあるだろうけども、それにも増して、自分が死んだら”残されたこの世”はどうなるのかという難問に直面するだろう。

しかし肉体であれ霊であれ、己がどのような存在形態であるかに関わりなく、己の認識が完全に消え去った世界とは、つまりその後の他人たちの活動する世界をまったく知ることのできない世界とは、はたしてそれは世界が存在しているといえるのだろうか。

だから、こうしてあれこれ思索していることや、街はいつもと変わらず活動していること、私の目の前で妻がティーカップを手に朝の出来事を話していること、つまり、まさにいま起きていること自体が神秘であることがわかる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. tamatama3 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. ゆい より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. hiroshi76 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. ゆい より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事