原罪について

他人のことでも物事でも
さらには風景もそうだけども

そうした「何か」について
わずかでも心に浮かんでいるとき
その対象を意識している「自分」が
同時にここに現れている

これが自己意識の誕生であり
つまり「全体」からの分離となる

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

「他人の問題」を生きない
初夢と願望実現
強烈に幸せになる瞑想
心の支配を抜ける
あの人にあの頃を思い出してもらいたい
ずっと幸せな人になる
太陽の子どもたち
現実変更と恋愛と信じること(後編)
-->