原罪について

他人のことでも物事でも
さらには風景もそうだけども

そうした「何か」について
わずかでも心に浮かんでいるとき
その対象を意識している「自分」が
同時にここに現れている

これが自己意識の誕生であり
つまり「全体」からの分離となる

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事