ここにあるもの

不幸とはなんだろう?

それは幸せがどこか遠く行ってしまい
あなたを見捨てたことを言うのではない

そうではなくて
今ここにある幸せに気づかないからこそ
不幸なんだ

つまりここにあるものに目を向けず
遠くばかりをみているからこそ
幸せははるか遠くに浮かんでるようにみえる

 

この話は他のいろんなことに
置き換えることができる

たとえば
ある人に憎しみが沸くのは
その人がいるということ自体の奇跡
みえていないからだ

そんなことを聞いても
「あんな許せない人なんて
いないほうがいいのに何が奇跡だ!」と
もちろんそうなるだろう

だけども
なぜその人があなたの人生に必要だったのか

それは一時的なことかもしれないし
一生を通じてのことかもしれない

持病や生まれ持った変えられないものもそうだね

あなたはそれらについて
いつも遠くに答えを求めてきた

どうすれば相手を懲らしめられるだろうかとか
相手がどこかに消えてくれたらいいのにとか
この病や不足を補うには
途方もないお金と運が必要だとか

そうして遠くに解決の光をみているが
しかし答えはいつも目の前にあるんだ

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

自信を回復させる方法
写真に写るその人は誰?
あなたを癒し、安心させ、ワクワクさせるもの
心の水門をひらく
思い込みの服を着替える
思考の現実化
咲き乱れる花のなかを歩く
自然のままに生きると幸せそのものになる
-->