置物になるときあなたは悟る

置物は自ら居場所を選べない
買われた先で貴重に並べられるか
それとも埃を被ったゴミとなるか
まったく売れずに店の倉庫で眠るのか

ちょっとイメージしてみよう
置物から見た世界とは
一体どんなものなのか?

自ら移動もできない
思考もできない

置物が買われて
どこかの家の棚に並べられたとき
つまり店の棚から家の棚に移動したとき
「移動した」のは何か

置物ではない
風景の方

刻々と風景が変わる
自らの意思で移動したわけではない
世界がそのように変化したのである

置物は思考を持たないから
その風景が良いか悪いか
幸せか不幸かそんな判断はない

ただ変化する世界があるのみだ

窓から差し込む陽の光の角度が変わる
彼はただそれを知覚しているだけ

手を合わせてみなさい
それが「いま」を示す針だ
完全に止まった風景
いわば映写フィルムのコマ映像のひとつ

置物は悟っているから
彼の世界ではすべてが止まっている

だが「止まる」は人間的な言語だから
実際は止まるも動くもない
「漠然とした世界」がただそこにある
それが永遠と呼ばれるものだ

置物の様子をあなたの人生に読み替えるなら
たとえばジェットコースターに乗っているとき
あなた自体は動いていないが
風景は刻々と変わる

急なコースや緩やかなコースを眺めている
まさに人生はそのようなものだといえる
どれだけコースが激しく変化しても
その座席は同じままだ

つまり時間が経過しているようにみえても
あなたはずっと永遠の場所にいる

だから置物になりなさい
激しいコース人生の浮き沈みは幻想にすぎない

 

 


Notes , ,

コメント・質疑応答

  関連記事