置物は動かない。だが彼は様々な風景を見る

置物は自ら居場所を選べない
買われた先で貴重に並べられるか
それとも埃を被ったゴミとなるか
まったく売れずに店の倉庫で眠るのか

ちょっとイメージしてみよう
置物から見た世界とは
一体どんなものなのか?

自ら移動もできない
思考もできない
置物が買われどこかの家の棚に並べられたとき
つまり店の棚から家の棚に移動したとき
「移動した」のは何か

置物ではない
風景の方だ

刻々と風景が変わる
自らの意思で移動したわけではない
世界がそのように変化したのだ
置物は思考を持たないから
その風景が良いものなのか悪いものなのか
苦労なのか幸せなのか、
そんな判断はない

ただ世界があるのだ
世界が変化する
陽の光が部屋の窓から入り込む角度が変わる
ただそれだけで「時間」の概念はない
人間的な解釈で言えば
「いま明るい」「いま暗い」だ
無論、判断の概念がないから
明るいも暗いも、置物は知らない
その「現時点でのそれ」が
ただそこにあるだけだ

手を合わせてみなさい
それが「いま」を示す針だ
人間的な感覚でいう「瞬間」の中の
もっとも短いタイミング、
完全に止まった風景、
いわば映写フィルムのコマ映像の1つ

映像だけではなく
体感する音や肌の感触も
すべてが止まっている

置物は悟っているから
彼の世界ではすべてが止まっている
「止まる」は人間的な言語だから
実際は止まるも動くもない
漠然とした世界がただそこにあるのだ

あなたはジェットコースターに乗っている
あなた自体は動いていない
風景が刻々と変わり
急なコースや緩やかなコースを眺めている
それが人生だ

だけどもコースなんてものはないのだ
あなたはジェットコースターに乗っている
ただ風景が変化しているに過ぎない

ターンテーブルの針があなただ
あなたはその場所で静止したまま
ただ刻々と迫り来るレコードの溝を
読み取っている
だけどもレコードなんてものはないのだよ
あなたはターンテーブルの針だから
ただ世界を鳴らしているに過ぎない

あなたが誰かが苦労している姿を見たとき
それを苦労としているのはあなただ
では実際にあなたが同じ状況になったとき
苦労として見るのはあなたの思考だ
だから置物になりなさい

何もないのだから

あなたは一歩も動いた事もなく
時間も単なる錯覚のひとつだ

常に「あなたを基点」として
あなたの解釈した静止画が
そこに映し出されるのだよ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

人生を3Dから2Dに変えるとイージーになる
無理をしないことで人生は開いていく(前編)
自己管理の法(3)

2014.12.13    Notes, タオ, マインドハック

常に途中であることが「いま」である
巻き付いた鎖を溶かす
現実という夢から覚めて自由になる練習
これからの時代を生きていく準備(1)
人生とは文を読んでいるようなもの