歩きながら静止する

以前書いたことだが
前へ進もうと一歩踏み出せば
世界があなたに向かって前にくる
あなたは自分が進んでいると感じている

ここで気づきがあれば
世界が前へ来ること
あなたが前へ進んでいること
それらは「同じこと」だと悟ることができる

そのとき
あなたは静止していることがわかるかね

世界が前へ
あなたが前へ
それがぶつかり合うとき
あなたは静止している

前へ進んでいるが
あなたは静止している

 

触るも見るも消える

コップを持つとき
あなたの指にはコップの感触がある
しかし同時にあなたの指の感触もある
それはコップにしかわからないはずだ
だがよく観察してみなさい
それらは同時に起こっている

あなたが触れていること
コップが触れていること
それは「同じこと」なのだ

そのポイントに入り込んだとき
あなたは何も触れていないことがわかる
コップを持っているのに
何も持っていない

もうおわかりだと思うが
あなたのする行為は
その対象も同じことを返している

あなたが木を見ているとき
木もあなたを見ている
互いに見ていることがわかれば
あなたは何も見ていない
つまりそこには何もないことを悟る

 

「思い」すらも消える

少し踏み込もうか

何かを「思うとき」だ
例えば彼を思うときにしよう
そのとき相手もあなたを思っている
無論、そこにいないひとは実在しない
つまり遠く離れた彼が
あなたを思っているのではない

正しくはこうだ
あなたが彼を思うとき
その思いがあなたを捉えている
つまり「思い」自体が
あなたを思っている

そのときあなたは思いが消える

今回の話が導くのは
ただ意識のみがあるということだ
本書では「自覚」という言葉を用いている

あなたが宇宙の果てに行こうが
あなたが何歳になろうが

あなたの奥から見ている「それ」は
一歩も動いていないし何も変わらない
あなたが右や左を見ても同じ位置にある
物理的な法則は通用しない

すべてを生み出しているのが「それ」だ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. lovelyrain より:

    最近「それ」に触れていられる時間が増えてきました。
    身体のこわばりも緩み、リラックスしていられる日々が続いています。

    これからどうなるんだろう?と楽しみにもなるのですが、そんな期待を持ったとたん、それからは離れてしまいます。ですから、離れたら気づき、またそれに戻っています。

    今後の事を考えてワクワクするのも期待するのも楽しいのですが、それでも、「それ」に触れてそこからブレずにいる方が好き、そんな風に思えるようになってきました。

    今まではワクワクするとすぐにそちらに引っ張られ、あげくエゴに囚われて苦しむというループでしたが。

    • 涅槃の書-自分 より:

      lovelyrainさん

      よく犬たちを連れて大きな自然公園に向かうのだけども、心を澄ませて歩いていると、あまりの美しさに泣いてしまいそうになることがある。

      こんなに素晴らしいものに包まれているのだとね。

      太陽の光に照らされて、緑一面の草原に咲いているスミレやタンポポが鮮やかな色彩を放っている。風に舞う桜の花びら、ゆっさりと揺れる樹木、そしてたくさんの人々が楽しんでいる。すべてが同時に動いている。それを感じるほどにだんだん楽しくなってくる。

      この同時性を感じられるのは、それは私がその大きな流れのひとつであるからだ。

      人は普段思考でこの喜びを抑え込んでいる。目先の物事や将来の不安、自分が他人からどう思われているか、そんなことにばかり意識が向けられて、いまここにあるものがまるで見えていない。

      それを見てしまえば、何も不安になる必要がないとわかるのにね。

      だから日々の何気ない光景のなかで、この「同時に動いている」という感覚を忘れないようにしなければならない。

      ならば歩きながらも静止していることを知るだろう。

コメント・質疑応答

  関連記事