素晴らしさ

生きてるって素晴らしい
死んでるって素晴らしい
どちらも素晴らしいものだ
つまりあなたには「素晴らしい」しかない

「死」はエンドではない
本来の状態、ニュートラルだ
そして肉体的な感覚を生みだし
それを感じ取れるステージ
それが「生」だ

我々は完全な至福、包まれた喜び、愛を求めて
生を努力しようとする
だがそれはつまり「苦のない状態」、
ニュートラルを探し続けているということだ
あなたは死を探している
生にいながらにして死を探し続けている
答えの中にいながら
答えを探し求めているのだ

生は死をベースに湧き立つ立体映像のようなもの
死はスクリーンであり
生は投影される映像だ
「生」や「死」という言葉を使っているが
言葉のイメージに翻弄されてはならないよ

車に例えるならば
生はエンジン点火の起動状態
死は車という機械そのものだ

パソコンに例えるならば
生は電源オンで画面が立ち上がっている状態
死はパソコンそのものだ

生活に例えるならば
生は日常だそれを認識している状態
死は熟睡だ肉体も出来事へも認識はない

どちらとも言えるのは
素晴らしいということだ
自ら何もかもを生みだして
自らそのすべてを体験する
だからワンネスなのだよ
あなたの体内であなたは生きている
あなたの心の中であなたは生きている
すべてあなただ
生について、
あなたは自分が自分に騙されているに過ぎない
あなたは騙しているつもりはないけども
あなたは錯覚している

だから睡眠というニュートラルに戻ることで
バランスがある
熟睡はヒントとして受け取れる唯一の手がかりだ

明るい窓際に腰掛けて
窓の外から列車の走る音が聞こえる
窓も椅子も光も列車も音も実在しない
「見えること」「聞こえること」を
感覚として生みだしたあなたのマジックだ

何があるのかというと
空間に生みだされた感覚、
ただそれがあるだけなのだよ
それは姿形はなく
色も音も匂いも実はなくて
ただ「あなたが感じ取っていること」だけが
あるのだ
歩くも立つもなく
ただそのように感じられていることだけが
あるのだよ

どんな出来事も対象も
「感じられていること」の部分だけを捉えなさい
誰かに腹立たしい思いをしたなら
その誰かという対象に
妄想を膨らませるのではなく
その「思い」だけを捉えなさい

そこには腹立たしさはなく
ただただ、神々しい創造性、
そして何よりも温かく包まれたような
喜びが溢れていることに
気付くだろう

何かを得ても良いし失っても良い
何かが与えられても良いし
失われても良い

起こっているのはその対象ではなく
心に生みだされた感覚である
何かが失われても
それは素晴らしいことなのだよ

いつも自分の胸の中を意識しておきなさい
「頭」は思考するが
「胸」は感じ取る

 


Notes , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. ゆい より:

    聴覚、触覚、味覚、臭覚、は目をつむって、
    それだけに集中すると、
    主体(それを感じている私)も対象も消えます。

    ですが、視覚だけはどうしても、
    それを見ている私と、見ている対象を作り出して
    しまいます。

    自分さんのおっしゃられている
    「見るものは、見られるもの」が、
    どうしても分かりません。

    視覚において、対象を作らずに
    意識を向けると言う事は可能なのでしょうか?

    私と対象が消えて、
    「見ること」だけが残る…??

    視覚は苦手なので、
    他の五感に意識を向けるワークを
    やり続けているのですが、

    味覚も触覚も聴覚も臭覚も
    知覚する質は確かに違う様に思うのですが、
    ただ、現れては消える何か、として
    違いが分からなくなってきました。

    味って何だっけな?
    匂いって何だっけな?と、
    言う掴みどころのない感覚です。

    それから、
    頭で思い出して、再生する音楽と、
    実際にリアルタイムで聞く音楽の違いと、

    夢で見る映像と
    現実で見る映像の違いが
    モヤモヤしてわかりません。

    思考で思い出して、今、再現される五感と
    リアルタイムに感じる五感の違いです。

    体感としては、もちろん質が違う事は、
    分かるのですが、それが
    「違うと思っている」思考があるだけで、
    純粋な体験としては同じものなのでしょうか…?

    何だか色々と混乱してしまって、
    変な所にいっちゃってる気もしますが(笑)
    とても気になる性分なので、
    すみません、自分さん、
    どうかご教授ください。

    • 涅槃の書-自分 より:

      ゆいさん

      こちらでもコメントを頂いていたのだね。

      >「見るものは、見られるもの」がどうしても分かりません。

      別のあなたの返信にその示唆となるものを含めておいた。

      すべてはパズルのようなものだよ。あなたとそこにあるもので「ひとつ」だ。

      だがこのことを理解するためには、まずあなたが自分自身を感じていなければならない。

      自分自身を感じているとき、必然的に「注意を向けている対象」と「注意を発している側」の双方に意識が均等に行き渡る。

      分割していたハートはひとつになる。

コメント・質疑応答

  関連記事