世界はあなたの中にある

欲しいものを挙げてみればわかるが
あなたが欲しいものはすべて
あなたの「知っているもの」に限られる

どれだけ挙げようが
全てあなたの知っているものだ
「知らないもの」を欲したくても
それは想像することさえできない

つまりあなたは
「あなたの知っているもの」
そのなかに存在している

だからあなたが死を迎えるとき
世界のなかであなたが死ぬのではなく
この世界自体が閉じるんだ

家族も友人も風景も知識も
あなたの死とともに全ては消滅する

あなたは「あなたの知っているもの」のなか
つまりあなた自体が世界だった

あれが欲しい所有したいと人は思う
努力してそれを手に入れようとする

だが対象が存在する以上
もうそれはあなたのものなのだ

あなたが世界であり
あなただけがそれを見ている

空も大地も美しい人々も
すべてあなたのものであり
そしてそれらはあなただったんだ

 

 

 

 


Notes , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

お金の”使いかた”について(前編)
こどものように楽しむこと
シンプルに行動を起こしていくには
ギリギリまでなにもしない
運命の出会いが起こるとき
腕相撲
高いものほどタダで生み出せる
人を愛するということ(1)