言葉のやりとり

白い紙があって
そこに文字が一つずつ現れていく

そういうのをイメージしてみよう

熱を加えると
字があぶり出されていくとか

目の前のひとが
ゆっくり何かを書き出しているとか

インターネットのチャット画面とか

まあいろいろあるね

そんな真っ白なところに
徐々に文字が浮かんでくる

なんだろうと眺めていると
それはとても心地の良い
一文に出来上がった

あなたは嬉しい気持ちになる
そしてあなたもそこに返事を書く

嬉しい気持ちを文字に表現する

 

1.

さて書かれた言葉ひとつで
人は喜んだり怒ったりするわけだ

これは日頃の人間関係そのもの

たとえば
相手の態度がわるい

最低な言葉が記されているように
あなたは相手をみながら
そこに「文字」を読んでいる

あなたも仕返しの言葉を
「見えない紙」に並べたてる

表情として
態度として

動物が全身で相手を威嚇するように
怒りを記号として表現する

それが「見えない紙」に記されていく
まるでチャットのようにね

相手はそれを読んで反応するわけだ
再び記号になって
あなたに「伝えよう」とする

 

2.

ところで一体
何に腹を立てているのだろう

挑発してくるひとがいるとして
それは言葉で煽っているのだけども
あなたはただその文字の羅列に
反応しているだけでしかない

「そりゃ相手がそういう感情をもって
それを言葉に置き換えているのだから」

あなたはそういうけども
じゃあどうして
本を読んで笑ったり涙を流すのだろう?
書かれている文字にワクワクしたり
不安になったりするのはなぜだろう?

それは固定された記録物でしかない
感情なんてのはもっていない
読み手が自分のなかで浮かべられたものに
心を揺さぶられているのだ

もしここにひどい言葉が書かれていたら
あなたは嫌な気持ちになるだろう
私に一切の悪気がなかったとしても
「あなたにとっての私」は悪人となる

つまり人間というのは
自らそこに何かを作り出そうとする

相手がそれを与えるのではなく
自分の方からそれを見出して
そこに「参加」をするのである

サンタクロースが実在しないなんて
誰でも知ってる

じゃあ大人はこどもに
その「真実」を教えるのだろうか

そうじゃないね

こどもたちが靴下をぶら下げたりして
健気に信じているその姿に
大人は一緒になって
その「嘘」を温めようとする

本当はありもしないものを
一緒になってそこにみている

星に願いをかけてみたり
動物に名前をつけて
家族として迎え入れたり

それが人間の世界の「真実」というものだ

 

3.

ところが人は不都合に直面すると
「事実」を探し求めるようになる

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名をこちらで申請してください。必須。
・追記などを投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・対応の状況によりすべてのコメントに作者が返信できるものではありません。
規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。また半角記号(スペースやクエスチョンマークなどの感嘆符)は文字化けなどのエラーになりますので使用しないでください。使われる場合は全角文字でご使用ください。
・他の利用者を勧誘や扇動する行為、犯罪行為を正当化するコメントなどは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・同一者の投稿は1日1〜2件程度(例外を除く)に制限させていただいております。連投分は削除させていただきます(コメント欄が同一者で埋まり独占的な利用になってしまうのを防止するためであり日を跨いだ投稿も調整させていただく場合があります)
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、暴力的な表現など他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・意図的であるなしに関わらず、文章が途中で途絶えているものは掲載不可となります。もし誤って送信された場合は早めに追記として再投稿してください。
・マナーを守らない場合は規約違反となります。また他のユーザーや当事業部、作者への中傷や毀損と思われる言動は会員規約に則り強制退会および法的措置となりますのでご注意ください。
・投稿者による有料記事の大部分に渡る引用は禁止しております。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。また短時間の連続投稿はスパム投稿とみなされるため承認されません。時間をおいてください。
・コメントシステムはWordpressを利用しておりますので他でWordpressアカウント(Gravatar)を設定されている場合、アイコン画像がコメント欄に表示されます。会員登録されたメールアドレスで紐づきますので、もしアイコンを表示させたくない場合はお手数ですがこちらより涅槃の書の登録メールアドレスを変更してください。

  1. タタータ より:
    コメント交流をご覧いただくにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      コメント交流をご覧いただくにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

-->