自らかける魔法に・・

近所でインド料理店を営むインド人店主と
たまに一緒に買い物に行ったりするのだけども

いつもの笑顔と相まって
彼の話すカタコトの日本語は
とても優しく聞こえる

誰にでも気さくに挨拶をして
大体の相手はその優しい言葉づかいに
心を和ませる

もちろん彼自身が優しい性格で
信頼がおける善良な人であることは
長年の付き合いでよく知っているが
当然ながら性格の悪い外国人もいたりする

ところがその外国人も
日本語を話せば優しく聞こえるわけで

だから言葉づかいの優しさに安心してしまい
大切な約束を交わしてしまうようであれば
それは大きな過ちをしていることになる

とはいえ彼は騙したわけではない

彼は「その喋りかた」しかできないわけで
つまりそれを優しい人だと
先入観で誤解したことに罪があるんだ

だがこれはあなたも同じだろう

あなたは”ある何か“を
この人生として表現している

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

-->