それが消えるとき永遠となる

プラトンのイデア論というものがある

現実世界に存在する物体はすべて夢であり
ただひとつの完全世界(イデア)だけが
無限に広がっているというものだ

これがベースにあり
あとはまあ、、
当時の反論対策に用意された
うんちくが並べられる
彼はソクラテスを愛していたからね

だから重要なのは完全なる世界の箇所だ
それは「知ること」はできない

私たちが「知れる」のは
現実世界に現れた物体という夢だけだ

 

1.

さてこの理解のために
図形を用いた説明が伝えられてきた

誰もが三角形や円を
心に浮かべることができるけども
それはよくよく考えたら
「現実には実在しない」というものだ

物体としてはもちろん
どれだけ精密な図形を描いたところで
完全な三角形や円にはならない

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. tomonori より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事