世界を生かせると人生が変わる

理解とは支持と反対を超えること
つまり超越するということだ

たとえば社会について理解すれば
社会で成功するだとか
社会は苦しいものだとか
そういう次元を超える

社会とは
「ただそういうもの」だという
静かな見方となる

その見方には
「勝ち取らなければならない」という
焦燥感は生まれない

つまり金持ちでも貧乏でもない
たとえどちらであっても
それは何の問題でもない

お金にしろ人間関係にしろ
社会で戦おうとしてしまう根源には
それは何かへの妬みからやってくる

妬みがあるとき
あなたは夢や理想といった目標を持つ

こうした言葉は聞こえはいいが
実際のところは
社会に「背を向けている」ということだ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. tamatama3 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  5. 色即みっちゃん より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  6. ハイライト より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  7. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  8. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  9. 普通さん より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事