世界が変化しているのではなくあなたの見方が変わっただけ

あの子も成長したな、と
我が子を感心する親
だが成長したのは子ではなく
親の側なのだよ

世界は変わらない
変わるのは見方だけだ

つまり子という他者はあるがままである
変わるのはそれを見る者の観念であり
親が見る目を変えれば
子はいくらでも変わる

だから子に対して感情的に怒るなどは
最も愚行なことなのだ
親が自らの不足感に不安を覚え
自衛手段として怒っているのだ
子はいつも八つ当たりの対象である

すべての「他者」に対する感情は
自分の中にそれがあるゆえに発生する

あなたが自己中心的な観念を
持っているから
他者に自己中心的な観念を見てしまう
あなたが自分を守ろうとするから
他者から理不尽を感じてしまう

あなたが満ち足りておれば
誰にも怒りを覚えない
腹立たしいこともない
つまりあなただけの問題なのだ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. 色即みっちゃん より:

    子供にたいする不安とは…。

    自分自身の不安なんだ…。

    自分が未熟だから…。

    イタラナイ子供の成長を見届けられない…。

    イタラナイのは自分だよ…。

    • -自分- 涅槃 より:

      色即みっちゃんさん

      そう、すべては「私」の中で起こる。つまり親の中に子がおり、そして子の中に親がいるのだ。それらは関係の逆転を意味する。

      ここに気付いたとき、世界から憎しみや怒りは消える。アダムはイブを再び己の中に受け入れるのだ。

コメント・質疑応答

  関連記事