現実を受け容れるということ

よく「現実を受け”入れ”なさい」と
助言されたりするね

通常それは目の前にある現実のなかに
自分が「入れ」という意味に捉えられる

だがなかなかそこに入る気がしない

つまり現実というものが
いまひとつ受け入れられないからだが
しかしなぜ容易に受け入れないのだろう?

それは私たちが
「現実は存在しない」ということを
心の深いところで予感しているからである

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

明るい死者の世界
裸という服
信じることで道は開ける
望みは”浅いところ”で実現していく
他人という恐怖を克服するには
意識と無意識(後編)
全員が犯人だった
幸せとは幸せに気づくことにある
-->