現実を受け容れるということ

よく「現実を受け”入れ”なさい」と
助言されたりするね

通常それは目の前にある現実のなかに
自分が「入れ」という意味に捉えられる

だがなかなかそこに入る気がしない

つまり現実というものが
いまひとつ受け入れられないからだが
しかしなぜ容易に受け入れないのだろう?

それは私たちが
「現実は存在しない」ということを
心の深いところで予感しているからである

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

幸せの救済
パラレルワールドにいる
自分と友達になる
私たちは何者なのか(5)
迷子を保護する
誰かがあなたに話かける
手渡されていくバトン、永遠の生命
自分の意思とは関係なく体は勝手に動いている