存在

少し寝坊をした祝日の朝

声がするので降りてみると
妻が経を上げていた

お義父さんの命日だった

朝の光が差し込むなか
妻の女性的な声が
静かな部屋に響いている

それは神秘的な光景だった

しかし父娘にしかわからない姿を
なぜこの私がみているのか

そうして問うてみたとき

私は自分が誰であるのかを知る

何千と繰り返されてきた
同じこの光景を
またここでみているのだ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. HIRO より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

涅槃の紙 vo.12
祝祭のマイムマイム
流れるように生きる
学ぶことの大切さ
社会で生きていくために(4)
何が起きても大丈夫だからこそ夢が叶う
無限の画廊
現実を開く呪文