羊飼い

以前に自分が反省として書き留めていた日記やメモが出てきて、今日の自分を助けることがあるだろう。「前もそうだったな。また同じ誤ちをするところだった」みたいなね。

明るく前向きだった頃の自分の姿を思い出して、いまの自分を見つめなおしたこともあるはずだ。

そしてこのように「以前の自分に助けられた自分」を思い出している今日の自分もまた、助けられている。

 

あなたは自分を救える

ここで気づいておくべきは、以前の自分は未来の自分を知らないということだ。

今日の私は明日の私を知らない。

つまり今日の私がした前向きな行為が、“知らない他人”である明日の私を救うかもしれないわけだね。

もちろん明日の私を助けるつもりで、今日の私はなにかをしているわけではない。

だが自分なりに善いと思える1日を過ごせたならば、それはきっと未来の自分を救うのだろう。

 

“みんな”

ところで釈迦は「”みんな”で彼岸に着かなければならない」と言っていた。つまり彼は自分ひとりだけ救われようとはしなかった。

この”仏法”は二重の意図がある。

というのは彼がみんなで一緒に行こうとした話を、私たちの”各々”がいまこうして聞いているということだ。

つまり釈迦の”みんな”とは、彼が彼の世界そのものを救うということであり、ゆえにあなたもまた、あなたの世界を救いなさいという示唆が込められている。

間違えてはならないよ、釈迦に彼の世界があったように、あなたにはあなたの世界がある。

ならばあなたの世界に現れている”みんな”とは何者なのか、ということだ。

 

よい羊飼い

同じく聖書では「善い羊飼い」が語られる。

──

私はよい羊飼いである。よい羊飼いは羊のために命を捨てる。
(ヨハネによる福音書10:11)

──

イエスは迷える羊たちを導くわけだが、ではあなたの人生において羊とは誰であり、羊飼いとは誰なのか。

言いかえれば、

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

-->