ネイティブアメリカンの教え

動物たちと暮らしていることもあって
毎日彼らのご飯やトイレの世話をする

彼らからすれば
自然的に食事がもたらされ
トイレの後始末がされているわけだね

だが肝心の私たちはどうだろう?

実は私たちも彼らと同じように
“自然に”恵みを与えられているのだ

そのことに普段は
まったく気づいていないがね

だがそれは陽の光や空気が
無料だということじゃない

食べ物も服も寝床も
“己が拒絶しない限り”は
実は自動的に受け取れるようになっている

言いかえれば
この大いなる原理に従っていれば
「何も困ることがない」ということだ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事