ネイティブアメリカンの教え

動物たちと暮らしていることもあって
毎日彼らのご飯やトイレの世話をする

彼らからすれば
自然的に食事がもたらされ
トイレの後始末がされているわけだね

だが肝心の私たちはどうだろう?

実は私たちも彼らと同じように
“自然に”恵みを与えられているのだ

そのことに普段は
まったく気づいていないがね

だがそれは陽の光や空気が
無料だということじゃない

食べ物も服も寝床も
“己が拒絶しない限り”は
実は自動的に受け取れるようになっている

言いかえれば
この大いなる原理に従っていれば
「何も困ることがない」ということだ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. 人間 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

仕事も生活も恋もすべては大きな流れの現れである
世界を時計の内部に見立てる
本当の答えをみつける
鏡の世界
世界とひとつになる
無理をしないことで人生は開いていく(前編)
世界はあなたそのもの
ベストを尽くしているか