あなたはどこにも映らない

無限の豊かさを邪魔する象徴として
エゴやマインドなどと呼ばれるが
実際これを読んでいるあなた自体が
まさにエゴやマインドなのだ

だから「自我を消し去ることを観照する」
というのは間違っている
観照しているのも自我だからだ
つまり観照者すらも消えてしまうこと
それが無我となる

あなたが消えると豊かな世界となる
なぜならば足りるも足りないも
そういう概念を超越するからだ

あなたがいなくても世界は廻る
例えばあなたが学校を欠席しても
他のみんなはいつも通り授業を受けている
いつものように休み時間があり談笑する
あなたが休んだとしても
体育祭や文化祭は予定通り開催される

あなたが一家を支える大黒柱だとしても
あなたがいなければ
家族は役所でそれなりの手続きをするなり
やはり生活は進行していく

あなたが死のうが行方をくらまそうが
世界は何の動揺もなく回り続ける
逆にあなたという「悩み発生源」が
ひとつなくなるのだ
世界にとってエコロジーだとは思わないかね

あなたという「エゴ」がいなくなると
世界はひとつ「エコ」になる
あなたがネガティブに打ちのめされ
苦悩の嵐を炸裂しまくると
あなたの周りの人々も影響を受ける

だから葬儀はある種のカタルシスを放つ
遺族は心機一転、これから残されたみんなで頑張ろう
だがあなたはみんなに悲しんでいてほしい
心機一転ってなんだそりゃ
私の存在を忘れないで欲しい
幽体離脱中にあなたはそう思う

いやいや、
あなたがいなくとも世界は廻るのだ

そもそも両親の度重なる性欲処理の結果
たまたま世界に発生したカビのようなあなたが
自らに「自意識」を持つこと自体が苦しみなのだよ

さあ良い言葉が出てきた
自意識
エゴやマインドの最も大きな 側面
それが自意識というやつだ

つまり自意識過剰であるから
あなたはうまく生きられないのだよ
自意識さえどうにかすれば
無我の境地などいらない

スピリチュアルも仏道も興味がなく
ただ幸せな人生を歩んでいる人たちは
無我というよりも自意識の割合が少ないのだ

自意識は人間だけが持っている
動物は鏡に映る自らを見ても何とも思わない
人間は「他人という心の鏡」を見て
「社会という心の鏡」を見て
それを自らとする
だからおかしくなる

あなたの日常には何万という鏡が置いてある
毎日その凄まじい数の鏡に映る自分を見て
あなたは自分を知っているつもりになる
それが自分だとね
だからあなたは常に気が抜けない
何万という途方もないキャラクターを
あなたは演じ続けなければならないからだ

その自意識という鏡
それがすべての元凶なのだよ

いいかい
鏡は叩き割りなさい
そこに映っているのはあなたではない
あなたはどこにも映らない

覚えておきなさい
あなたはどこにも映らないのだ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. komatta より:

    うちのペット、鏡で反応するんですよ。
    そして麻酔かけた時は完全「無」で幽体離脱体験は
    ありませんでした。

    そして瞑想中、星の欠片が見えたことも無い。
    一度、奥底の方で強く輝いた星みたいなものが
    観えたというか感じたというか。

    瞼に映る光景の残像ではない。あれ、なんだったんだろ?
    で、それっきりです。

    今も穏やかな気持ちで母が目薬さしてくれて
    ペットはよりそってくれて穏やか。
    だけど映ってるニュースは穏やかでない。

    今、ちょっとホルモンバランスよくなくて
    体調的によろしくないからマインド120%は自覚できますが…。

    「敵」はいなくとも「目上」の人はいますし。
    これだけ読んだら「死ね」ということかなとさえ。
    だから痛み無く安楽死ならば。

  2. 色即みっちゃん より:

    肉体があるのは制限でもあるし救いでもある…。

    肉体が消滅した瞬間に自己の観念が全開になる…。

    ネガティブな観念ならネガティブが全開となる…。

    それが地獄…。

    ポジティブな観念ならポジティブが全開となる…。

    それが極楽…。

    肉体とは制限でもあるし救いでもある…。

  3. komatta より:

    不思議はいくらでもありますよ。
    すこし疲れた…というかんじで
    神仏にダウンしたらお参りいけなくてすみません。
    などと思ってたら
    昨日の北野武さんでてるニュースで
    最初、母に目薬さしてもらって、ほのぼのしてる時
    山口系の分裂のニュースの話題で
    心地良さが、先行き不安、ほのぼのでも
    分裂系やら戦闘機とびかうニュースかとなってた。

    貧血と頭痛に倒れるように横なっててダウンかもしれません。
    守ってくれてた神様にすみません…とか心に思ってたら

    番組の終わりだけトイレにいく時みえて

    最後がほのぼの系ニュースで白い鶏が最初、生贄用にカゴに
    いれられてたけど運よく肉食獣になぜが食べられなくて
    飼われて幸せに暮らしてるということです。
    そのあと最近のドラマ「99.9」のCMが流れて。

    クボタのCMが100年後の未来を考えて技術を伸ばします。

    など。こういうのは。深層の「死にたくない」がでてくるのか
    割と体調や心理にあわせタイミングよくシャレっぽく続きやすい。
    だけど素直に嬉しい、ほっとしたより、これなんで?
    弟の家などでも、この電波だよね、映ってるの弟や従妹の家もだよねとか。必ず軽いパニックになる。

    • komatta より:

      そして意識をともすのがいまいち解らない。
      今何考えてるか、何を思ってるか、何を感じてるかが内面見ることだとおもうけれど。結構、疲れますし。

      仕事の時はそんなことしてる余裕なし。
      この時間までに、どこの支店より売り上げ伸ばさないとや、
      勝やら負けるやら期限やら、これ法規があるからなどそういう言葉
      どれだけ聞き話すかと一日、わかれるだけカウントしてたらゆうに100超えてます。

      また続かないけど昔は自分に対しては根性論も結構、つかったから
      根性で達成、ランナーズハイのような状態は何回か経験してますが
      内観して、穏やか、静か、それ以上の幸福感はでてこないのです。

      前の覚醒のあとは、ものすごい「安堵感」やったぞ!という達成感ではなく「やっと…やっと解けたってかんじですね」と一言目がでてように。
      難解で複雑な今迄の「なんかへんだと思って四苦八苦してきたパズルや難問」が「やっと解けた…という深い深い安堵感と包まれてるような温かい心地良さ。感覚自体は翌日までは持ちました。あとはそれは体感というより記憶として残った程度。

      ランナーズハイのような状態とは少し違うけど。あの感覚にもなれません。

コメント・質疑応答

  関連記事

浮気をしたのは誰?そしてそれを知ったのは誰?
自分を遊ばせる
すべてを言語化する瞑想
世界を生かせると人生が変わる
虚空行きの列車
意識と無意識(後編)
殻の中身は空だった
シンプルに生きなさい