この世を理解するということ

煩悩がなくなるとか
光明や悟りが開くという言葉に
どこか「世捨て人」みたいなイメージを
持っていたりしないかな

たとえば
世俗で普通に暮らしてるようではならず
まるで感情がないような
不動の存在でなければならない

そのようになれてはじめて
自分は苦を捨てられるのだとね

だがそれはまったく誤っていることになる

むしろそのような
「悟りとはこうでなければならない」といった
先入観が自分や他人を採点づけてしまうことになり

結局はますます”煩悩の深み”に
はまり込んでいくことになる

 

1

いいかい、煩悩を脱するとは
別にベジタリアンでなければならないとか
高級な持ち物を所有してはいけないとか

さらにいえば江戸までの日本仏教のように
女性は悟れないとか
男性は妻帯者であってはならないとか
そういうことじゃないんだ
(そもそも女人五障は釈迦の教えではない)

好きなことをやってればいいし
ほしいものを手にすればいい

家族と喧嘩をしてもいいし
物事がうまくいったときは
抱き合いながら喜んでもいいんだ

ただしひとつだけ心に留めておくことがある

それはなにかといえば
現世を信じ込んでいるかぎり
この現世そのものを理解することはできない
ということだ

 

2

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

意識は旅して強くなる
自信を取り戻す
与えるということ
不死とエゴ、そして新しい人生(2)
みんながあなたと生きている
いちばん最後でいい
世界とひとつになる
風に人生を乗せる
-->