自分自身を歩む

結局のところ
自分のことをやれているかどうかなのだ

仕事も人間関係でもそうだが
何かのためにやろうとするから
気が重いのであって
すべての物事は
「自分を表現するためにある」とわかれば
片手で大木を持ち上げられるようになる

どんなに目上の相手や
絶世の美男美女がそこにいようとも
1人で何万人を相手にしようとも
恋愛でもビジネスでも街を歩いていても
育児やら借金返済に追われていても

なんであろうと同じことだ
状況はまったく関係がない

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. ハイライト より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. buruku10 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事