人生の美しさ

タクシーのなかで
抱いた子猫を月の光が照らしていた

その頃の私といえば車を手放していて
だからなるべく問題がないようにと配慮していたが
そんなときに限って願いは叶えてもらえなかった

仕事の帰り道で横たわっていた子猫は
息を引き取る寸前で
長らく付き合いのある獣医に電話をしてみたら
「いますぐ連れてこい」と
「ああわかった、すぐいく」と答えたが
私は家賃の支払いも怪しい状態だった

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

-->