己の仏性を知る瞑想

悟りの道では自我や執着など
あらゆる”持ち物”を捨てろと言われる
悟りを求める気持ちですら
手放せと言う

当然、誰もが「捨てよう」と試みる
だがその”試み”すらも
放棄しなくてはならない

ゆえに多くの者が理解に苦しんできた
マインドの中にいる以上、それは
「理解できないようになっている」からだ

私たちが見えている世界とは
すべて心を通過している
つまりどこまで探し回っても
そこは思考の世界なのだ

だから世界に在りながら
思考を捨てることはできない
水中に潜っているというのに
水から逃れようとしているのと同じ

だから正攻法じゃだめなのだよ
「最初から捨てた状態」でなければ
捨てることはできないのだ

そこで今回の瞑想法を記そう
これは技法というよりも
あなたをある境地に定着させるものだ

臨済の一句も
道元の坐禅も
同じところに到達する

“それ”を知ると
様々な解釈が起こるはずだ
それは構わない
あなたなりの表現で理解すれば良いだろう

釈迦はすべては己であると気付いた
道元はすべては当たり前だと気付いた

何でも良いのだよ
大事なのは”それ”に触れたとき、
「捨てよう」とするまでもなく
すでにすべてを捨てていたということだ

「捨てる」とはどういうことなのかが
わかるはずだ

苦悩も不安もすべて落ち
あなたは完全に解放されるだろう

さあはじめよう

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes, 瞑想 , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. 色即みっちゃん より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 色即みっちゃん より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • -自分- 涅槃 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. ONEPOINT より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • ONEPOINT より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • -自分- 涅槃 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. komatta より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • -自分- 涅槃 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. mhayata より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • -自分- 涅槃 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

願いを叶えるということをやめれば叶い出す
あなたは何者なのか(5)
願望実現の基本
見られる者が見ている者である
ことばを実現させると願望が実現する
幻想のポイントを超える

2014.03.06    Notes , ,

流れに乗って人生を楽にする
できるひとになるには